« 蔵からいろいろと | トップページ | 慰安婦合意の見直し勧告 日韓両政府に »

2017/05/15

責任から解放され自分の世界へ

Dsc_0718

→ 蔵から思いがけず出てきた段ボールひと箱の文庫本。懐かしい本がいっぱい! 蔵の中にあった本(段ボール)は、数年前すべて片付けたと思い込んでいたので、ひと箱だろうと、見つかると、ボーナスのように思えて、嬉しかった。リルケの「マルテの手記」や「汚れた英雄」、ルソーの「告白録」、カントの「純粋理性批判」などなど青春の書が山盛り。懐かしい! なんとか、追々にでも読み返したい。

 今日、夕方、組合執行部の解散慰労会へ行ってきた。
 委員長としての辞任(及び誕生日祝い)パーティについては、すでに3月に終えている。組合は今の会社には存在しても意味がないので、解散させたのである。解散後の残務処理もほぼ終わったので、執行部員の慰労の会と相成ったわけである。
 肩の荷が下りたよ。

Dsc_0720

← 「写真集明治大正昭和富山―ふるさとの想い出6」 (国書刊行会 1978年) 昨年だったか、富山市の写真集が発売された。でも、代金は1万円ほど。高くて手が出ない。そこへ、蔵の中を整理していたら、父の蔵書の中から、お酒や相撲などの写真集に混じって、この豪華本の富山写真集が出てきた。嬉しい。さすがに昔の本だけあって(昭和53年)、箱入り。昔は、ちょっとした本は箱入りが珍しくなかったんだよなー。本が貴重だった時代の名残だ。

 重い責任からは解放され、これからは、庭仕事などの家事(とにかく体を動かすこと)はもちろんだが、読書や創作にシフトしていく。

 今日は、月に一度、通っている内科へ通院。
 ある意味、先生に叱ってもらうために行っているようなもの。血糖値や肝機能のチェック。体重を減らせ、歩け、野菜を食べろ、などなど指示される。先月からの庭や畑仕事、三月からのプール通いの効果は、多少は出ていて、体重は減り気味だが、まだまだ目標には遠い。

Dsc_0716

→ ホームセンターで、スイカ、メロンの苗。三重カナメの苗木を買ってきた。畑の隅っこにスイカとメロンを植える。スイカは昨年は小玉だったが、今年は大玉に挑戦。三重カナメは、稲作の資材置き場だった空き地に植える。防風の役目と、葉っぱの赤っぽさが結構、印象的なので、庭の彩(いろどり)に。スイカとメロンの植え付けは、時間切れで後日。

 近々自費出版する本(冊子)。二度目の校正。見落としが多い。それ以上に、書き換えすべき箇所も見つかったりして。冊子の最後に住所などを明記するか、迷っている。

|

« 蔵からいろいろと | トップページ | 慰安婦合意の見直し勧告 日韓両政府に »

ツイッター」カテゴリの記事

写真日記」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/65284120

この記事へのトラックバック一覧です: 責任から解放され自分の世界へ:

« 蔵からいろいろと | トップページ | 慰安婦合意の見直し勧告 日韓両政府に »