« 昨日はドブ浚い 今日はドブ整備 | トップページ | 早まってはいけません »

2017/04/23

子を思う親の心に偽りはない

Dsc_0640

← 裏庭に続く小道に一叢の苧環。まもなく開花。やがては苧環の小道にするつもり。

 二か月ぶりに書店へ。以前、まとめ買いしたし、旧蔵の本を読み返したりしていた。なんといっても、畑や庭仕事が忙しい。ようやく、庭仕事も目途がついた(と思いたい)。あとは、畑に野菜の苗を植えるだけ。プール通いも再開できる……はず。

 毎週一丁、豆腐を配達してもらっている。! ってことで、ジャガイモ麻婆豆腐を作ることに。初めて。前例があるかどうかも分からない。ま、他人に食べさせるのではない。食べて死ぬこともない。って、作って青のりたっぷり振りかけて食べたら、案外以上、予想外に美味い!

 釜谷武志著の『陶淵明 ビギナーズ・クラシックス 中国の古典』を読了した。
 内容案内には、「自然と酒を愛し、日常生活の喜びや苦しみをこまやかに描く一方、「死」に対して揺れ動く自分の心を詠んだ田園詩人」とある。

 本書の著者によると、陶淵明は、詩人として知られるようになったのは唐代半ばになってからだという。
 それまでは隠者として知られるのみだったとか。

Dsc_0641

→ 表の庭に、アンズ、モモ、ナシなどを植えた。来春には開花するかも。実はやがて……。

 なぜか。それは彼があまりに身近な題材を詠ったから。そういった漢詩は唐以降になってからふつうにみられるようになった。つまり、彼は時代に先駆けすぎていたのだ。
 そんな彼は、漢詩としては平明な表現に努めた。農村生活などの身近な話題を詩にしたのだった。

 すでに彼については話題の遡上に載せている
 一部、転記しておく:
「時に及んで当に勉励すべし歳月人を待たず」という言葉がある。吾輩も仄聞したことはある。この一文の中の「勉励」は、「刻苦勉励」に絡められ、懸命に勉強すべしと理解されている方が多い(あるいは吾輩がそう思い込んでいただけなら、ごめんなさい)。本書によると、この言葉は陶淵明の言葉。で、本書の著者によると、彼の詩の中でこの言葉(漢詩)を通じ、「わかいときにこそ、大いに楽しみ遊びなさい」と言っているのだとか。さあ、若い人よ(若くないひとも)、勉励してくださいね。

200202000095

← 釜谷 武志著『陶淵明 ビギナーズ・クラシックス 中国の古典』(イラスト 谷口 広樹  デザイン 谷口 広樹)

 本書を読了した。感想よりも、彼の漢詩を一つ、紹介する:
命子:陶淵明祖先を語る (壺 齋 閑 話)」から漢詩を転記する:

  厲夜生子  厲 夜 子を生み
  遽而求火  遽にして火を求む
  凡百有心  凡百 心有り
  奚特於我  奚ぞ特に我におけるのみならんや
  既見其生  既に其生を見れば
  實欲其可  實に其の可ならんことを欲す
  人亦有言  人亦言へる有り
  斯情無假  斯の情 假無しと

 その日本語訳を本書より示しておく:

 らい病患者が夜に子を生むと、
 あわてふためいてあかりを探したという。
 子を思う心はだれにもみな備わっているもので、
 自分だけがそうなのではない。
 子が生まれたのを見た以上、
 今度は優れた人になってほしいと願うのである。
 人々はよく言う、
 子を思う親の心に偽りはないと。

|

« 昨日はドブ浚い 今日はドブ整備 | トップページ | 早まってはいけません »

ツイッター」カテゴリの記事

写真日記」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/65183603

この記事へのトラックバック一覧です: 子を思う親の心に偽りはない:

« 昨日はドブ浚い 今日はドブ整備 | トップページ | 早まってはいけません »