« ヒトの体の柱である細菌たち | トップページ | 蕩尽あるいはエロティシズムへの欲望 »

2017/02/07

我が青春の地そして時

 今日は検診。昨秋から野菜を多く取るようにしているのに、体重もウエストも変わらない。視力落ちた。血圧まあまあ。尿はタンパクが下りてない。血糖値、分からない。聴力、落ちた。あとは、心電図とかバリウム。これらの結果は後日か。

Rscn3940

→ 近所を通る機会に恵まれたので、車中から撮影。 雨の日。慌てての撮影なので、焦点が合ってないかも。壁面に描かれた(ペイントされた)もので、風雪に傷んでいるけど、ノーマン・ロックウェルのポップな感覚がよく出ている。近所に彼の絵が好きな人がいる(いた)んだろうなー。(2013年5月20日、画像アップ) 拙稿「郷里でノーマン・ロックウェルと再会す」参照のこと。

 いつもは一時間で終わるのが、今日は二時間もかかった。同僚と一人も会わなかったのも不思議。時間帯は同じだったんだけど。
 ただ、近く組合の役員を辞めるので、運動めいたことをやり始めたいです。問題は、食事です。調理というと、電子レンジ。火を使うのは、即席ラーメンだけ。昨秋から野菜(コールスローサラダ)を毎食、ワンパック、食べるようになったのは、特筆すべきことです。

 以上のような呟きの前に、下記のような呟きを某SNSサイトで投稿していた:

 伊勢丹。ちょっと懐かしい。仙台での6年に渡る学生生活ののち、上京。東京での最初のバイトは東販。二番目のバイト先が伊勢丹の下請け会社。そこで3年近くお世話になった。仙台が第一の青春の地だとすると、そこでの3年が第二の青春の時だったんだと、思われてならない。

  あくまで貿易代行業ということで、下請けの会社で働いていただけなのですが、お世話になったということで、伊勢丹には勝手に心の中で応援してきました。よく、伊勢丹美術館へも行ったっけ。
 あ、アルバイトで3年弱。その後、下請け会社で13年だから、関係は16年近い。ただ、青春という心持だと、アルバイト時代の3年弱だったのです。

 以上の呟き、特に後者について補足しておきたい。

 伊勢丹関連の小さな会社で、81年の四月から94年の3月までの13年。その前に、また別の伊勢丹関連会社でアルバイトとして働いたのが、78年の夏前から81年の3月まで、2年と9ヶ月ほど(その前に、78年の4月から三か月ほど東販でバイト)。
 仙台での学生の時代のことも、書きたいことは山ほどある。続く、アルバイト時代の3年についても、書きたいことが溢れるほど。
 大半の時代について、日記が残っているはずなので、いつか、書きたいと思っているが、未だに生々しくて、傷口が開きそうで、実際に緒に就くには、時間が掛かりそう。


 ただ、関連する記事は多少ある:
我がガス中毒死未遂事件
マラソンの思い出…恋
富士登山の思い出
ルソー…孤独な散歩者の夢想
ルソーの「告白」の頃のこと
有峰慕情
郷里でノーマン・ロックウェルと再会す
シェイクスピア著『テンペスト』の一節
 さらに、下記は、1977年1月末の日記からの抜粋である。生々しいとまでは言えないが、確かに懐かしい:
学生時代の日記より


|

« ヒトの体の柱である細菌たち | トップページ | 蕩尽あるいはエロティシズムへの欲望 »

思い出話」カテゴリの記事

恋愛・心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/64860206

この記事へのトラックバック一覧です: 我が青春の地そして時:

« ヒトの体の柱である細菌たち | トップページ | 蕩尽あるいはエロティシズムへの欲望 »