« 今はなきホームページより | トップページ | ママさんダンプで降りやまぬ雪に立ち向かう »

2017/01/23

君はピエロ 僕もピエロ

 読書好きなら誰しも同じかもしれないけど、どんどん読みたい本が積みあがる。読んでる本の四倍の積読本。その数倍の読みたい本。そもそも遅読の自分なので、巨大な山を前にして、日暮れの道をよろよろやっと歩いているようです。

2016_2394

 マルコ・イアコボーニ著の『ミラーニューロンの発見―「物まね細胞」が明かす驚きの脳科学』を日曜日の未明、読了した。
 その感想めいた呟きは、下記する。

 今日も呟きを書き連ねるけれど、いつもと毛色の違った、やや感傷的な小文となった。
 というのも、小生が注目している画家の絵を観ながらの、絵の雰囲気に引きずられての、思いがけない呟きとなってしまったからである。

君はピエロ。僕もピエロ

 何だろう、やたらと淋しいじゃないか。
 淋しいというより、心が張り裂けそうだよ。
 夕べ見た夢にピエロが現れたっけ。

2016_2388

 ぼくを笑わせようと、懸命になって、身を捩らせてまで滑稽な踊りを披露してくれていた。
 ぼくは笑いたかったんだよ。君に逢えて嬉しい。君がぼくのそばを通り過ぎたりしないでさ、足音を響かせてまで、ぼくの気を引いてさ、そうして氷雨の夜、町の片隅で身を凍らせてまで、剽軽な踊りを見せてくれたんだよね。
 なのに、ぼくはまるで知らん顔して、闇の底を呆然と眺めているだけだった。

 きみに恨みはないのに、君に鬱憤を晴らしている。
 いや、そんなつもりはないんだ。ぼくには何も見えないんだよ。
 ああ、ぼくは臆病なだけなのさ。

 ぼくにも心があれば、あるって信じたいんだけど、君を追いかけていったに違いない。追い縋って、ぼくを助けてくれ、ぼくを見捨てないでくれって、泣き叫んでいたはずなのに。
 ぼくの心って奴は、縮こまってしまって、どうにも解せなくなって、脳味噌の隅っこで、頭蓋の底で、眼窩の縁で黒子(ほくろ)のようにへばりついている。
 君の姿さえ、見えない。見えているのに、見えない。

2016_2386

 ぼくを励ます君。色とりどりの、ホント、派手な衣装を身に纏って、氷の中で踊っている。
 今にも息絶えそうなのは、君のほうじゃないのか。風雨に擦り減った夏服を真冬に羽織って、寒々しいったらありゃしない。
 動かないといけないのは、ぼくなんじゃないか。

 路上に倒れ込む君を幾度ぼくは見捨てたことか。泣き崩れる君を石ころのように蹴飛ばしたぼくだった。
 ああ、ぼくは悲しいのだろうか。淋しいのだろうか。臆病なんかじゃなく、滑稽なのはぼくのほうじゃないか。
 嗤ってくれよ、ぼくのこと。

 コンビニの寒々とした蛍光の光さえ、ぼくには届かない。君の後光のような輝きは、ぼくには眩しすぎる。
 路傍の花の君。路肩をわざとのように無視するぼく。
 そんな恋なんて、あっていいのだろうか。
 ああ、君はホントにピエロだよ。そしてぼくもピエロだ。

Mirror

← マルコ・イアコボーニ【著】『ミラーニューロンの発見―「物まね細胞」が明かす驚きの脳科学』(塩原 通緒【訳】 ハヤカワ・ノンフィクション文庫) 今朝、読了。ヒトが他人の心や行動の意図を理解できる。それはホントはすごいこと。だが、哲学的にはずっと謎であり続けてきた。共感の心理ばっかりは、コギト・エルゴ・スムのデカルト理論からは、永遠に理解不能だろう。生後間もないころから、赤ん坊は親の真似をする。親の表情を読む。むしろ、そうした間主観性の実態から始めないと、隘路に陥るのは当然なのである。ミラーニューロン(物真似細胞)、つまり、「他者が感じることへの共感能力や自己意識形成といった、じつに重要な側面を制御しているという」神経細胞の発見は、今後の応用も期待できそうだ。

*本稿に掲げた作品は、いずれも「小林たかゆき お絵かきチャンピオン」中の「ギャラリー2016」より。

|

« 今はなきホームページより | トップページ | ママさんダンプで降りやまぬ雪に立ち向かう »

ダンス」カテゴリの記事

ツイッター」カテゴリの記事

ボクもの」カテゴリの記事

創作・虚構・物語」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/64796389

この記事へのトラックバック一覧です: 君はピエロ 僕もピエロ:

« 今はなきホームページより | トップページ | ママさんダンプで降りやまぬ雪に立ち向かう »