« 2016年2月21日 - 2016年2月27日 | トップページ | 2016年3月6日 - 2016年3月12日 »

2016/03/05

アズールの空

 ピエロの魂で生まれてきた。

Lapis_lazuli_block_2

→ 「ラピスラズリ」 (画像は、「アジュール - Wikipedia」より)

 放り出されるようにして、光の世界に迷い込んだ。
 熱く赤い闇から蒼白の海へと。

続きを読む "アズールの空"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/03

アルチンボルドという不可思議

 アルチンボルドという面白い画家が16世紀のイタリアにいた。

Giuseppe_arcimboldo__winter_1573

← アルチンボルド『冬』(1573)、ルーヴル美術館、パリ ジュゼッペ・アルチンボルド(Giuseppe Arcimboldo, 1527年 - 1593年)は、イタリア・ミラノ出身の画家。マニエリスムを代表する画家の1人とされる。(画像は、「ジュゼッペ・アルチンボルド - Wikipedia」より)

 マニエリスムを代表する画家の1人とされるが、そんな専門的な蘊蓄など、この際はいい。
 寄せ絵の数々など、時代を突き抜けた、才能あふれる画家だった。

続きを読む "アルチンボルドという不可思議"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/01

悪夢の再現でなくてよかった

 昨夜未明のことである。
 そろそろ丑三つ時という時刻。雪になってもおかしくないような、冷たい雨が夜を一層深くしている。
 我が家の周辺は、車の通りの多い道から一本、脇に入っているので、街灯も疎ら。

Light

← グレッグ・イーガン【著】『白熱光』(山岸 真【訳】 新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 「〈白熱光〉からの風が吹く世界〈スプリンター〉で暮らすロイは、重さの地図を見せられたが……はるかな未来を舞台に人類の子孫と異様な世界に住む生物を描く、現代SF界最高の作家の待望の長篇」だというが、現代SF界最高の作家による究極のハードSF……というより、かなりハードルの高いSFだ。非ユークリッド幾何学の本を(せめて一般向けの本であっても)読んだことがあれば、もう少しは楽しめるかも。

 昨夜…というか今朝未明というべきか、仕事を終えて、いつもよりは早めに帰宅できた。
 家の庭へ車をバックで駐車しようと、バックし始めた時、窓外に人の影が。すぐそばには小さな犬…らしき影も。
 バックし始めた瞬間には、誰もいなかった…はずなのだが。
 気づいた瞬間から、いつもよりゆっくりめにバックする。
 すると、車の窓際にその影が寄ってくるではないか!
 もしかして、ぶつけた? そんなはずはない。

続きを読む "悪夢の再現でなくてよかった"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/28

海部 陽介『日本人はどこから来たのか?』に納得と期待

 海部 陽介著の『日本人はどこから来たのか?』を読了した。
 同氏の本は、『人類がたどってきた道 “文化の多様化”の起源を探る』(NHKブックス No.1028)以来である。

Mankind

← 海部 陽介【著】『日本人はどこから来たのか?』(文藝春秋)

 本書の内容説明によると、「著者が10年に及ぶ研究の末に積み上げた新説とは」、「4万8000年前、アフリカを出た私たちの祖先は、ヒマラヤ山脈をはさんで南北に別れて拡散。1万年後、東アジアで再会する。そして私たちの遙かなる祖先は、古日本列島に、3つのルートから進出した」というもの。

続きを読む "海部 陽介『日本人はどこから来たのか?』に納得と期待"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月21日 - 2016年2月27日 | トップページ | 2016年3月6日 - 2016年3月12日 »