« 2016年12月18日 - 2016年12月24日 | トップページ | 2017年1月1日 - 2017年1月7日 »

2016/12/31

ひとりぼっちの年末年始

 今日、ビートルズやボブ・ディランのCDを買ってきた。いずれも、LPやカセットは持っているのだが、CDはなかった。ようやく、車内で聴ける。

234012183

← 朝倉理恵『 GOLDEN☆BEST limited 朝倉理恵』(ソニー・ミュージック・エンタテインメント) このベスト盤には、「目覚めた時には晴れていた」が入ってない。

 昔はレコード、カセットテープ、次第にCDやDVD、あるいはiPodなど、音楽を聴くスタイルやツールも変わってきた。旧人類の吾輩は、CDやラジオがメイン。自宅では、スマホでユーチューブの聞き流し。セッティングすると、好きな音楽がずっと流れてくれる。

続きを読む "ひとりぼっちの年末年始"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/29

闇の海に輝けるは海女!

 慌ただしい日々の中、それでも読書だけは欠かさない。牛歩であっても、何かしら読む。
 ということで、この二日、二冊の本を読了するに至った。

112809_xl

← 開高健/著『輝ける闇』(新潮文庫)

 一作は、開高健著の『輝ける闇』であり、もう一作は、大崎 映晋著の『海女のいる風景―昭和の美しい海の女たち』である。
 全く違う世界の本を同時並行して読んでいたわけである。

続きを読む "闇の海に輝けるは海女!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/27

原聖著『興亡の世界史 ケルトの水脈』に冷や水を浴びせられる

9784062923897_obi_w

← 原聖著『興亡の世界史 ケルトの水脈』(講談社学術文庫) 「ローマ文明やキリスト教以前の「最初のヨーロッパ人」はどこへ消えたのか? ストーンヘンジに代表される巨石文化、渦巻きや植物の華麗な装飾文様、妖精や小人などの伝説…「もうひとつのヨーロッパの起源」として、近年注目されている「ケルト文化」。EUなど欧州統合のアイデンティティとして、また近代西欧文明への批判として復興の気運をみせている「ケルト」の実像を、古代から現代にヨーロッパ史の中で明らかにする」というもの。けれど、「大陸からブリテン諸島へ移住した古代ケルト人は、ローマ人やキリスト教徒に追われてアイルランド島にのみしぶとく生き残った――と思われているからだが、最近の研究では、この「常識」が否定されつつあるという」残念な研究成果などが示されている。アイルランドの作家たちに何処かしらケルト(の末裔)の匂いを嗅ぎ取ろうとしていた、自分の勝手な思いがあっさり覆されて、ちょっと残念に感じた。その意味で、ケルトというより、ヨーロッパに最初にやってきた人々の、キリスト教やギリシャ・ローマの思想や文化に影響され、呑み込まれる前の古層の文化の残響を辺縁の地などに見出そうというのが本書など、最新のケルト研究の意義なのだろう。いずれにしても、脈々たるケルトの水脈なんて、まして、ケルトの末裔なんて、夢の夢ってこと。

続きを読む "原聖著『興亡の世界史 ケルトの水脈』に冷や水を浴びせられる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/25

いよいよ降雪の季節の到来

 近々の降雪に備えて。ポリバケツの中にはお風呂の湯沸かし装置(バンス)を入れてある。
 バケツに除雪した雪を溜めこの装置で溶かし、さらに表の庭に融水を流して、多少ながらも消雪をしようという苦し紛れ。

Dsc_0410

← 自前・特設の融雪装置。

 そろそろ大活躍しそうな季節が迫っている。
 バケツの後ろには、小型の冷蔵庫。ビニールのスダレを被せてあって、一見しても分からないだろうけど。
 何のために玄関先に冷蔵庫が?

続きを読む "いよいよ降雪の季節の到来"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月18日 - 2016年12月24日 | トップページ | 2017年1月1日 - 2017年1月7日 »