« 2016年12月4日 - 2016年12月10日 | トップページ | 2016年12月18日 - 2016年12月24日 »

2016/12/17

雪明りの季節の到来

 昨日というか、今朝未明というべきか、仕事で夜明け前の四時前に帰宅。ちょっと、お茶を飲んだら、五時前には寝るかな。

Kenchanhida

→ 画像は、拙稿「真冬の明け初めの小さな旅」から。

 洗濯物は気温が数度以下ともなると、晴天でも乾かない。今日はコインランドリーへ。ただ、店内に入って、はたと気づいた。そうだ、家で洗濯だけ済ませてきて、ここでは乾燥機だけ、利用すればいいってことに。洗濯が800円なんて高い(600円のもあったけど、塞がっていた)。無駄な出費だったよ。乾燥は100円で十分。これで十分だった。

続きを読む "雪明りの季節の到来"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/15

読書三昧はまだまだ夢かも

 これからの時期、洗濯物を干すのに困る。晴天でも、寒いから乾かない……どころか、凍り付いたり。どうする。やっぱり、コインランドリーか。乾燥機、欲しいなー。

Brain

← マイケル・S.ガザニガ 【著】『<わたし> はどこにあるのか―ガザニガ脳科学講義』 (藤井 留美【訳】  紀伊国屋書店) 「私たちは責任ある動作主だ―とはいえ、誰かが脳のなかにいて、判断を下し、レバーを引いていると感じることがある。いったい“わたし”の統括責任者は誰なのか?それは脳のなかのどこにあるのか?」を問う。

 扇風機の風で乾かそうとしたけど、やはり乾くのに時間が掛かって、嫌な臭いが発生する。ストーブの前に干すか、コインランドリーか。部屋に洗濯物がいっぱいなんて、不快だよね。

続きを読む "読書三昧はまだまだ夢かも"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/13

赤い実というと、「赤い鳥小鳥」

 ノーベル賞の授賞式があった。我が日本の科学者も受賞された。
 ところで、ノーベル賞というと、ディランのこと。

Dsc_0392

→ 千両の赤い実。今、我が家の庭に赤い実の生る樹木が三種。この千両と南天と、あと一つは名前の分からないのがある。

 ディランにはノーベル賞は迷惑だったんだろうなー。いっそのこと、ノーベル音楽賞を特設するとか。受賞を発表する前に本人に受ける意思があるか、確認を取れないものか。特にディランのような人には。

続きを読む "赤い実というと、「赤い鳥小鳥」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/11

原発事故に関連する費用を国民負担にするなら原発廃止が前提だろう!

原発事故費用 従来の2倍の21兆円余に膨らむ見通し NHKニュース」なるニュースが気になる。

51z3jscw1l__sx331_bo1204203200_

← アンドレア ドウォーキン 著『インターコース―性的行為の政治学』( 寺沢 みづほ訳 青土社) 「女性にとってセックスとは何か? 愛と共有と恍惚の行為か、父権制社会が捏造した権力装置か。現代アメリカを代表するフェミニストが、性行為の実態と古今東西の性描写を分析し、性交がもたらす差異化の真実を描き出す」とか。

「経済産業省は、賠償や除染も含めた原発事故に関連する費用の総額が従来の倍の21兆円余りに膨らむという見通しを示し」、しかも、「費用の一部は、電気料金の支払いを通じて国民が負担する形」となるとか。
 国民負担は、もう決定事項なのか。

続きを読む "原発事故に関連する費用を国民負担にするなら原発廃止が前提だろう!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月4日 - 2016年12月10日 | トップページ | 2016年12月18日 - 2016年12月24日 »