« 2016年9月25日 - 2016年10月1日 | トップページ | 2016年10月9日 - 2016年10月15日 »

2016/10/08

物質とウイルスとの境界がどんどん

 雨続きの今日この頃、忙中閑ありじゃないが、何とか時間を搔き削って、牛歩だけれど、読書は楽しみとして、断固続けている。
 昨日は、ルートウィヒ・ウィトゲンシュタイン著の『ラストライティングス』に続き、中屋敷均著の『ウイルスは生きている』を読了した。

9784062883597_w

← 中屋敷均著『ウイルスは生きている』(講談社現代新書)

 ウイルス関係の研究が進んだこともあって、この一二年、ウイルス関連の面白い本が相次いで刊行されている。
 小生が読んだ本だけでも、上掲の本の外、福岡伸一著の『生物と無生物のあいだ』や、フランク ライアン著の『破壊する創造者――ウイルスがヒトを進化させた』 、武村 政春著の『巨大ウイルスと第4のドメイン 生命進化論のパラダイムシフト』などを読んできた。

 感想を述べる能などないので、今日は内容紹介を示すにとどめておく。
 表題には、物質とウイルスとの境界がどんどん狭くなっていることを示すにとどめているが、ウイルスと細胞との境界もなくなりはしないが、擦り減ってきつつあるようである。

 さて、中屋敷均著の『ウイルスは生きている』は、本書の内容紹介によると:

新型インフルエンザやエイズなど、人類を脅かす感染症を伝播する存在として、忌み嫌われるウイルスだが、自然界には宿主に無害なウイルスも多い。それどころか、宿主のために献身的に尽くすけなげなウイルスたちも多い。実は、私たちのDNAの中には、ウイルスのような遺伝子配列が多数存在し、生物進化に重大な貢献をしてきたことが近年の研究でわかってきた。ウイルスは私たちの中に、生きていたのだ!

9784061498914_w

← 福岡伸一著『生物と無生物のあいだ』(講談社現代新書)

 本書の内容紹介によると:

生命とは、実は流れゆく分子の淀みにすぎない!?

「生命とは何か」という生命科学最大の問いに、いま分子生物学はどう答えるのか。歴史の闇に沈んだ天才科学者たちの思考を紹介しながら、現在形の生命観を探る。ページをめくる手が止まらない極上の科学ミステリー。分子生物学がたどりついた地平を平易に明かし、目に映る景色がガラリと変える!


69452_0_600x450

→ パンドラウイルスの小片の電子顕微鏡画像。 Image courtesy Chantal Abergel and Jean-Michel Claverie  (画像は、「パンドラウイルス、第4のドメインに? ナショナルジオグラフィック日本版サイト」より)

パンドラウイルス、第4のドメインに? ナショナルジオグラフィック日本版サイト」によると:
 

これまで知られている中で最大のウイルスが発見された。パンドラウイルスと呼ばれるこれらの生物は、科学の世界にまったく新しい疑問を突きつける存在で、発見した研究チームによれば、既存の生物とは完全に異なる第4のドメインに属している可能性もあるという。 新たに見つかったパンドラウイルス属のウイルスの大きさは約1ミクロン(1000分の1ミリ)で、50~100ナノメートルほどしかない他のウイルスと比較すると格段に大きい。属とは分類学上、種と科の間に位置するカテゴリーだ。

 物理的な大きさだけでなく、パンドラウイルスはDNAも巨大だ。大部分のウイルスの遺伝子の数は10程度だが、パンドラウイルスは2500の遺伝子を持っている。


Virus

← 武村 政春 (著) 『巨大ウイルスと第4のドメイン 生命進化論のパラダイムシフト』(講談社ブルーバックス)

 本書の内容紹介によると:

2013年7月、「超巨大ウイルス」に関する第1報が、科学誌『サイエンス』に掲載された。発見当初は「新しい生命の形」というニックネームが与えられていたというこの巨大ウイルスは、論文では「パンドラウイルス」という名が付けられていた。むろん、その名の由来はギリシア神話の「パンドラ」である。
当初、このウイルスが「新しい生命の形」と名付けられたのには理由があった。その姿が、それまでのウイルスとは大きく異なっていたからだ。かといって、これを生物とみなすにはあまりにもウイルス的であった。ウイルスでもない。生物でもない。だとしたら、これまでに全く知られていない新たな生命の形なのではないか。そもそも、「生物」とはいったい何なのだろうか?

『巨大ウイルスと第4のドメイン』生命進化論のパラダイムシフト武村政春=著 現代ビジネス 講談社」によると:
次々と発見される巨大ウイルスは、サイズが大きいだけでなく、多彩な遺伝子を持ち、細胞性生物に近い機能を備えているものもいる。これらの新発見により、「ウイルスは生物ではない」という定義が揺らぎ、巨大ウイルスは未知の生物グループ(ドメイン)ではないかという議論が湧き上がってきた。最先端のウイルス研究が「生物とは何か」をあらためて問い直す。

51h7v7ysycl__sx230_

← フランク ライアン (著)『破壊する創造者――ウイルスがヒトを進化させた』 (夏目 大 (翻訳)  ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

 本書の内容紹介によると:
 

エイズ、エボラ出血熱など命をも脅かす感染症を引き起こすウイルスは怖い存在だ。 しかし実は生物進化に重要な役割を果たしてきたという。 ダーウィンの進化論にも一石を投じる仮説を、生物学者で医師の著者がスリリングに証明していく。 ウイルスが自らの遺伝子を宿主のDNAに逆転写し共生していること、 ヒトゲノムの約半数がウイルス由来であることなど、
驚きの事実が解明され、医療に新たな道を拓いていく。 解説/長沼毅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/07

ウィトゲンシュタイン著『ラストライティングス』を体験する

 一昨日、ルートウィヒ・ウィトゲンシュタイン著『ラストライティングス』を読了。
 小生は、大学の卒論にヴィトゲンシュタイン(の言語論)を選んだ。

Dsc_0297_2

← ルートウィヒ・ウィトゲンシュタイン著『ラストライティングス』(訳:古田徹也 講談社) 「ウサギ=アヒル頭」図。見方によっては、ウサギにもアヒルにも見える絵。では、「これはアヒルだ」と一瞬ひらめく現象とは、なんなのだろうか。ウィトゲンシュタインが「アスペクトの閃き」と表現するこの体験に関する考察から導かれる哲学とは? 他人が「痛みを感じている」ことと「痛い振りをしている」こと―言語、心、知覚、意味、数学など終生を貫くテーマが凝縮された注目の遺稿集

 高校三年の頃からヴィトゲンシュタイン(今は、通常、ウィトゲンシュタインと表記するのが正しいとされる。自分の中で勝手にヴィトゲンシュタインと呼称している!)に魅入られてきた。仙台での大学生の一時期など、ヴィトゲンシュタインのある写真に刺激され、敢えてベージュ色の、いかにも(我ながら)ダサいジャンパーを羽織って、ヴィトゲンシュタインを内心気取っていた。

 彼の『論理哲学論考』は、自分にとっての愛惜の書、宝石のような本である。
 大学を卒業してからも、翻訳された彼の本は可能な限り読んできたものだった(彼についての評論の類は、ほとんど無視)。最近も、『秘密の日記』 (春秋社)を読んだばかりである。

Wittgen

← ウィトゲンシュタイン【著】『論理哲学論考』(野矢 茂樹【訳】 岩波文庫) 「およそ語られうることは明晰に語られうる。そして、論じえないことについては、人は沈黙せねばならない」―本書は、ウィトゲンシュタイン(1889‐1951)が生前刊行した唯一の哲学書である。

 若いころは、彼の独自の宗教観や(音楽などの)芸術館に共感してきたが(あるいは今も!)、それより大切なのは、あるいは彼に何故に惹かれるかを考えると、読みを重ねるにつれ、むしろ別の点にあるのだと思えてきた。

 それは、彼が独自の哲学説を唱えたことにあるのではなく、どの本においても、彼の独自の哲学する姿勢が垣間見えることにある。
 というか、彼の哲学する姿勢がそのままに如実に示されていることに、彼の本(哲学)の特徴があり、それが魅力となっているのだ。
 恐らくは彼の日常そのものが哲学することにイコールとなっているのであり、そうした哲学する日常がそのままドキュメンタリー風に集約され、本という形に凝縮されたというべきなのだ。

41djmsjq9rl__sx321_bo1204203200_

← ルートヴィヒ ヴィトゲンシュタイン (著)『反哲学的断章―文化と価値』(丘沢 静也 (翻訳)  青土社)

 思考の結果が論述されているのではなく、思考そのもの、試行錯誤そのものがホットなままに提供されている。
 彼の本に、卒なく要約されるような、何等かの説を求めるのは不毛だし、見当違いだろう。
 そうではなく、何かこだわったテーマをとことん探求する、そのプロセスそのものをこそ、思考する厳しさと真剣さそのものを体験すべきなのだ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/05

『日本海 その深層で起こっていること』と日本海逆さ地図

 久しりに書店へ。本をまとめ買い。
 自分としては、一冊読み終えたら、次は何を読もうかな、書店でどんな本と出合えるかなと、いそいそと足を運び、棚を物色して歩いて、これだという一冊を手に、早く読みたいなと家路を急ぐ、そんな子供の頃や学生時代の本との付き合い方が望ましい。

103422_02

→ 「環日本海・東アジア諸国図」 (画像は、「no.571-1逆さ地図リニューアル、環日本海・東アジア地域の可能性を探るツールに 富山の“今”を伝える情報サイト|Toyama Just Now」より) 一昨年(26年)、「富山県は、日本海を中心に地図の南北を逆転させた「環日本海諸国図」(通称:逆さ地図)の改訂版を作成した」。

 でも、今はどんなゆとりがない。まとめて予約し、まとめて入手し、どんどん本を読んでいく、次の本が目の前の棚に並んでいるプレッシャーを感じつつ、そんな慌ただしい本との付き合い方なのである。

 さて、一昨日、蒲生 俊敬著の『日本海 その深層で起こっていること』を読了した。

 本書にも冒頭付近で指摘されているが、「日本海の広さは、世界の海域の広さの0.3%でしかない。いわばミニサイズの海である。また、日本海は、それぞれ約10m、50m、130m、130mの水深しかない、間宮海峡、宗谷海峡、津軽海峡、対馬海峡の4つの海峡を通じて隣り合う海とつながっているだけで地形的に閉鎖性が強いという特徴がある」という(「日本海 - Wikipedia」など参照)。
 小生は、まずそれぞれの海峡の浅さにおどろいた。
 一方、最大水深の方は3,742mある。
 小生は、日本海も地中海たりうると思っているが、地中海は、「内海であり、西端のジブラルタル海峡のみでしか外海と接続」がない。
 それでも、日本海は、政治的文化的経済的構想を持てば、東アジアの地中海足りうると思う。
日本海に面する諸国の都市の間の政治・経済・文化交流を深めようとする環日本海構想」は、かつては盛んに喧伝されていたものだ。
 日本と中国(や韓国)などとの政治的軋轢が近年、強まって、しりすぼみ状態だが、近い将来、見直されるに違いないと思う。

 さて、富山に生まれ育ちながらも、日本海のことを何も知らなかったと つくづく思い知らされた。
 ただ、本書で示されている研究成果は、日本海側に暮らす人々でも、大半は初耳だろうと思う。

 本書で示されていることで一番重要なポイントの一つは、「日本海は周囲を海峡に囲まれていて、外海の水は対馬暖流からしか入ってこない。だが、対馬暖流は「日本海らしさ」を形成する上で、決定的に重要だという。対馬暖流は豊富な酸素と塩も含んでおり、これが北上すると、ウラジオストク周辺の寒風に晒され、比重の重い塩を含んだ対馬暖流の水が底層に沈み込んでいく。すると、底層の水が表層へ押し出される。日本海の水は100~200年かけて循環しているという。この移動がないと、底にある水は底たまりっぱなしで酸欠になり、底層部は生物が棲めない「死の海」になってしまう」ということだろう。

Japansea

← 蒲生 俊敬【著】『日本海 その深層で起こっていること』(ブルーバックス) 「世界中の海洋学者が注目する「ミニ海洋」=日本海。かつて“死の海”だった日本海を、生命の宝庫にした8000年前の出来事とは?」だって。

 つまり、地中海どころじゃなく、今のままだと、黒海になりかねないという指摘だ。
 日本海の海の経年変化を調べることで、世界の海の変化を先取りして予測することが可能だという。
 そんな兆候が既にデータから読み取れるというのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/03

ジョイスとプルーストと

 ジェイムズ・ジョイス著の『ユリシーズ』、全四巻をようやく読了した。出来る限り、注釈も参照しつつなので、分量的にはかなりのもの。二か月を要したかもしれない。

51409baegel__sx230_

← ジェイムズ・ジョイス著『ユリシーズ〈4〉』 (集英社文庫ヘリテージシリーズ)

 本書を読んで感じたこと、というより考えさせられたことは、小説とは何かだった。
 読了して考えさせられたのではなく、 読み進めつつ常にそうした問いが投げかけられているようだった。
 ひたすら言葉遊びの連続であり、古今の古典や名作に限らず、ありとあらゆる作品が場面との同時進行で参照されつつ、神聖から卑猥や猥雑まで、多くはあまりに日常的な単調さ、退屈さがこれでもかと描かれる。

 ジョイスが目指したのは何なのか。過去の文学や宗教や哲学、伝統、つまりは既成の価値観の転倒、だが、転倒しつつも、嘲笑や冷笑で高笑いするのではなく、徹底して日常の深浅を描きつつ、日常の一回性を、そっくりそのままに切り取って指し示すことだったのかもしれない。

 近代の小説の描こうとするものは何か。それは、過去のどんな作品でも描かれたことのない、その作者でなければ決して描けない世界。
 だとしたら、他人には決して描けないだろう、確実に新奇なる世界とは、まさに作者が見聞きしている日常そのものを、徹底してありのままに描くことだろう。

 いわゆる、小説として従来求められてきたストーリーもプロットもまるで頓着せず、ただ、どんなに平凡でありきたりに思えようと、日常のある断面を全知全能を傾けて掴み取り描きつくし指示して見せる。

 聖も性も高踏も低俗も、緊張も弛緩も、間延びも喧噪も、何もかもが同時並行して存在するのが日常なのであり、ジョイスにとっての文学は、その一回限りの日常をありのままに描きつくすことなのではないか、そんなことを感じたりした。

 小生は、五年ほど前から岩波から翻訳が出つつある、吉川訳のプルースト『失われた時を求めて』を読んできている。最新刊も出たばかりで、既に予約済みである。
 こちらのほうは、まるでジョイスとは違って、プロットもあればストーリーもあるし、その都度の場面をフォローするのは容易だし、場面を脳裏に鮮明に描ける。

 けれど、ある意味、ジョイスとプルーストは同じことをやっているようにも感じられた。
 現にあることをそのままに描き切ること、そのことである。

Yosikawa

← プルースト【作】『失われた時を求めて〈10〉囚われの女〈1〉』(吉川 一義【訳】 岩波文庫)

 方や、腕力と風刺と諧謔の精神とで、言葉の可能性の限りを尽くして、現実をミキサーにかけて、混沌の坩堝に放り込んだとすれば、片や、繊細の精神の限りを尽くして、ビロードのような微細な言葉の映像に現実を移行させていく。
 言葉という道具を使って、表現の可能性をとことん極めた、そんなふうにまとめてしまうと、なんだつまらない結論だことと、嗤われそうだが、しかし、ジョイスとプルーストとの二人で、文学の極北を渉猟してしまったのだとは言えそうな気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月25日 - 2016年10月1日 | トップページ | 2016年10月9日 - 2016年10月15日 »