« 2016年1月17日 - 2016年1月23日 | トップページ | 2016年1月31日 - 2016年2月6日 »

2016/01/30

富山散策(富山城や石倉町延命地蔵尊)

 冬の富山には珍しく、快晴の空。せっかくなので、自転車を駆って富山の市街地を散策。

Dscn8643

→ 富山城への道。お濠を渡って城内へ。「本来の富山城は石垣は主要な門の周囲のみであり他の大部分は土塁の城であった」(「富山城 - Wikipedia」など参照)とか。「千歳御殿の正門として建てられた富山城唯一の現存建築遺構」だが、「創建当初のものではなく安政2年(1855年)の大火で焼失後の再築との説もある」らしい。

続きを読む "富山散策(富山城や石倉町延命地蔵尊)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/28

『動くものはすべて殺せ』を読む(続)

 ニック・タース著の『動くものはすべて殺せ アメリカ兵はベトナムで何をしたか』(布施由紀子訳 みすず書房)は、ともかく、衝撃的な本。アメリカ軍(や韓国軍などの同盟軍)がベトナムでいかに野蛮だったかを思い知らされてる。

07917_big

← ニック・タース著『動くものはすべて殺せ アメリカ兵はベトナムで何をしたか』(布施由紀子訳 みすず書房) 

 読むほどに反吐が出る思い。
 捕虜への虐待も実質は意図的組織的だったことも驚き。
 となると、先の戦争での沖縄戦で、アメリカ軍へ投降した沖縄の老若男女は大丈夫だったんだろうか。アメリカと日本の政府が結託して真相を隠蔽したってこと、ないよね。

 以下は、ニック・タース著の『動くものはすべて殺せ アメリカ兵はベトナムで何をしたか』を読んでのツイートの数々:

続きを読む "『動くものはすべて殺せ』を読む(続)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/27

『動くものはすべて殺せ』を読む

 猛烈な寒波が通り過ぎ、昨日から晴れ間にも恵まれている。となると、やることは一つ。雪搔きである。

07917_big

← ニック・タース著『動くものはすべて殺せ アメリカ兵はベトナムで何をしたか』(布施由紀子訳 みすず書房) 

 例年のことだが、暖冬の今年は、本格的な雪搔きは今回が初めて。体が慣れておらず(体が鈍っているし)、せいぜい積雪50センチ足らずなのに、除雪で体は悲鳴を上げつつある。
 我が家の庭は細長くて、幅2メートル長さが十メートル以上。それをずっと除雪しないと、車は出入りできないし、人も身動きが取れない(新聞配達や郵便配達、あるいはメーター調査員などがメイン)ので、やるっきゃないのである。

続きを読む "『動くものはすべて殺せ』を読む"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/26

雪国の洗礼

 昨日は、特に夜に入ってから冷え込んだ。道路の雪も車に踏み固められ圧雪状態に。国道でさえ、濡れた路面が凍り付いている。直進の道でも、ほんの少しでも緩やかなカーブとなると、神経をすり減らす運転を強いられる。

Dsc_0109

→ 軒先のつらら! 雪の止んだ今日も庭の雪搔き。今のうちにできる限り、除雪。ぐったり。例年、雪搔きで喉をやられて、気管支などを傷め、肺炎を疑われるような、咳き込む風邪をひいて病欠となる。昨年は、二月に二週間も病欠と相成った。それまでは、せいぜい一週間だったのに。今、ちょっと、その兆候が。ひたすら休養。明日は雪が降らないってことが救いだ。

 カーブも、車がスライドするように滑る。真夜中、幸い(だろうが)、長距離の仕事に恵まれた。凍り付いた路面の雪の上を往路20キロを走る。

続きを読む "雪国の洗礼"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/24

ル・クレジオ『物質的恍惚』の周辺

 何十年ぶりにル・クレジオ著の『物質的恍惚』 (豊崎 光一 訳 岩波文庫) を 読んだ。
 読んだという表現がふさわしいのか、やや疑問。

Dsc_0099

← 吹雪く外。撮影するのに、窓を開ける勇気がなくて、茶の間から窓外を撮った。

 詩文の世界を味わったというのも、ちょっと違う。クレジオが異世界に刺激を求めたように、小生も目くるめくクレジオワールドに遊んだ……弄ばれた……というべきか。
 初めて読んだ四十数年前、この世界に圧倒された。その前に、この「物質的恍惚」という題名にやられた。
 分かっちゃいないし、理解など今に至るも遠く及ばないのだが、それでも、勝手にイメージを膨らませた…いやもうなすすべもなく勝手に膨らんでいったのである。
 そのような兆候の見られる文は、ネットの世界に参入してからも、幾度となく綴ってきた。その一部を示してみる:

続きを読む "ル・クレジオ『物質的恍惚』の周辺"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月17日 - 2016年1月23日 | トップページ | 2016年1月31日 - 2016年2月6日 »