« 2016年9月18日 - 2016年9月24日 | トップページ | 2016年10月2日 - 2016年10月8日 »

2016/09/30

苔びっしりの桜たち

 久しぶりに晴れ。急いで未明に続き、午後にも洗濯。
 せっかくの晴れ間なので、寝不足にも関わらず、作業着を羽織って畑や庭仕事。放ったままの畑のナスやキュウリ棚を片付け、雑草を毟り、道路に食み出す樹木の枝葉の剪定。

Dsc_0292

→ 桜の木の幹(枝)にびっしりと苔。富山市の松川沿いの桜並木にて29日、撮影。 

 二時間余りの作業で汗だくに。
 ということで、雨の降らないうちにと、急いで今日二度目の洗濯と相成ったのだ。

 外仕事して隣家と接する裏道に通りかかったr、隣家のキンモクセイが満開だと気付いた。
 あれ? 我が家のキンモクセイはどうなの? って、表の庭の2本のキンモクセイたちを見てみたら、我が家のキンモクセイもたち満開だった。無数の黄色い小花たちが、秋の到来を告げてるよ。

 さて、苔がびっしりと生えている富山の松川の桜並木。
 今は葉っぱが風に揺れるだけ。

Dsc_0294

← 自宅の庭には2本の金木犀。30日、撮影。

 でも、見どころは花や葉っぱばかりじゃない。幹や枝には苔がびっしり、その姿こそ、よっぽど見応えがある!  苔が第二の樹皮のよう。まるでビロードのコートを羽織っているみたい。
 いつもながら気になるのだが、木の幹についた青い苔は取り除かなくても構わないのか。もしかしたら、樹木には有害なのではないか。

木の幹についた青い苔は取り除かないといけないのでしょうか?... - Yahoo!知恵袋」によると、「苔のせいで枯れることはない。しかし、苔(外皮)を取り除くことにより、病虫害予防の効果がある」とのこと。なので、「果樹園では冬になると「荒皮剥ぎ」をする」という。

 ま、そんなあれこれはともかく、苔びっしりの桜の幹の壮観を想う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/28

久しぶりにスズメたちの集団を

 畑で野菜を作っているにも関わらず、自分は野菜が苦手。でも、栄養士さんや周りの人たちから、野菜を食べろよって。野菜ジュースとか、ギョーザ、カレーなどを食べる。少しは野菜の摂取になる?

1474869806550418

← パウル・クレー(Paul Klee)『Nachtfaltertanz (蛾の踊り)』(1923)  クレーは最も好きな画家のひとりです。

 ちょっと郊外の道を走っていたら、とある民家の屋根に小鳥たちの集団が。もしかして……と目を凝らしてみたら、やはりスズメだちだった。近年、スズメの姿を見かけることが少なくて、なんとなくホッとした気持ちに。

 吉川訳プルースト『失われた時を求めて』が出たので、近所の書店へ。でもない。その店には、岩波文庫も岩波新書も置いてない。岩波のない書店なんて、淋しいね。

 昨日、車で市内を走っていて、土手沿いの道で、ふと、赤い花を発見。もしかして……。じっと見たら、やはり、曼殊沙華だ。とうとう彼岸花の季節になったんだね。人恋しいなー。

1474696812534492

→ 三日ほど前の夕暮れ時、数知れないムクドリたちが我が家の近くの電線で一休み。かまびすしい鳴き声。一瞬、ヒッチコック監督の映画「鳥」を連想(← 古い?)。エンジン音に驚いたか、一斉に飛び立ち塒(ねぐら)へと。

 雨続きで、余儀なく雨の夜に洗濯。室内に干すと、洗濯物に嫌なにおいが付く(カビ菌が増殖するから)。で、扇風機をずっと回して洗濯物を少しでも早く乾かそうとしたけど、やはり、匂いの発生は防げなかった。

 豊洲市場のことがずっとマスコミをにぎわせている。でも、その一方で、1兆円を投じた高速増殖炉もんじゅが、廃炉になりそうである(やっと)。マスコミはもっとこちらのほうこそ採り上げるべきだろう。

 寒くなってきた。最高気温でも、夏場の最低気温をずっと下回る。水道水も、ひんやりと。なので、食器洗いも、ガス瞬間湯沸かしのお世話になってきた。

1474370250449651

← 我が家の座敷には、人形を収めたガラスケースが鎮座している。こけしは買ったものらしいが、日本人形などは、姉が結婚する前に作っていたもの。奥の部屋に仕舞ってあったのを、座敷に引っ張り出しました。少しでも誰かに見てもらいたいからね。

 寒い! ついこの間まではパンツ一丁だったのに、夕べはとうとう長袖のシャツを羽織るように。季節は奈落の底へ落ちるように、秋へ、冬へ!

 夏場は、調理にも食器洗いにも、一切、ガスを使わず、請求書は基本料金に。水道水が温かいので、水道水に食器を漬けておけば、ほとんど洗剤も不要。せいぜい、石鹸をほんの少々使うことがあるだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/26

相模原障害者施設殺傷事件の周辺

2016年7月26日未明、神奈川県相模原市緑区千木良にある神奈川県立の障害者福祉施設で、刃物による殺傷事件が発生した。同日中に19人の死亡が確認され、26人が重軽傷を負ったという、悲惨極まる、いわゆる相模原障害者施設殺傷事件である。
 詳細はマスコミなどで報じられている(「相模原障害者施設殺傷事件 - Wikipedia」など参照のこと)。

 ほとんど抵抗できないまま、わけもわからず殺傷されていった、悲惨な事件で、犯人の卑劣極まる犯行は指弾される以外ないだろう。
 まして、重度の障害者について「安楽死」を容認する発言をするなど、反省の態度をまるで示さないなど、犯人の悪質さが顕著だ。

 一方、「被害者の名前について神奈川県警は同26日、「施設にはさまざまな障害を抱えた方が入所しており、被害者の家族が公表しないでほしいとの思いを持っている」として、公表しない方針を明らかにしている。そして被害者の家族の一人は公表しない理由を、「日本では、全ての命はその存在だけで価値があるという考え方が特異であり、優生思想が根強いため」と説明した」など、気になる点が多々あった。
 関係者の意を汲んだのだろうが、何か釈然としないものが残る……と思いつつも、自分にしても深く考えるのは避けているようである。

 さらに、世間もだが、政治家や有識者らのコメントも、通り一遍で、心に訴える主張は何ら聞けなかった。
 それだけ、事件の深刻さが察せられるということなのだろう。

 重度の知的障碍者のヘルパーをされている方の話を聞いてみよう:

知的障害者の支援、心が折れそうです。 - 施設 締切済 教えて!goo」:

 (前略)
中年女性です。

1年半かけて見つけた今の施設は
知的障害に加えて全員ろう者です。耳が聞こえません。
手話が通じる人、漢字が書ける人
動物みたいにうなるだけの人、色々です。
基本的に仕事は昼間の物作りの作業に従事させる、
生活の支援をする。ですが、
基本的にほとんど言うことなんて聞きません。
施設外に出る、物を倒す、壊す、頭を壁に打つ、
失禁、便失禁する、他の利用者とケンカをする、
次の移動場所に行かせようとしても動かない、
そしていきなりツバを吐きかけてくる、咬みついてくる、
頭の毛を抜けるほどワシ掴みにされる、
腕を強く掴んで爪が刺さるなど、苦労ばかりです。
逆に当り前ですが、こちらは叩いたりは出来ませんので
されるがままで、
そういう行為は困るとか、痛いとか(手話で)言っても
全く通じません。2人に一人は奇声をあげています。
なんとか掴んだ腕を外し、逃れる頃には
引っかき傷だらけツバだらけです。
でも先輩支援員からするといつもの事らしいので
助けてもくれず、血が出たところを見せても
保健室行ってきたら?と、サラリ。
もちろん同じ道を歩いて来たのだと言います。
面接でも他の職員への挨拶でも
支援を頑張ります!!、手話も頑張って覚えます!!
と、言って入っただけに 数か月で
もう辞めたいですとも言えず
心が折れています。

重度の知的障害者の支援をしている方にお聞きしたいです。
どうやったら長続き出来るんですか?
どのようにしたら心凹まずに支援出来ますか?
自分の家族、子供、仲間だと思うようにすること?ですか
そうも思って自分の子供だ自分の子供だ、
と言い聞かせながらも
やってみましたが、どうしても出来ません。
もし自分の子供であったら、施設に入れてしまうか、
もしかして殺してしまうかも・・・と不覚にも思ったことがあります。
中途障害の方は喋れるので外出や
通院のの際は一対一になり、何十分も罵声を浴びせられることもあります。
公の場で(私のサイフを盗んだだろう?このクソの役にも立たない職員!!など)
置いて逃げることも出来ません。ヤジ馬が出来て恥ずかしいし悔しいし
どんなに心をこめて親身に支援しても
10秒後には忘れているか、心を変貌させます。
相手は・・・変わることが出来ません。
DVを受けて育った人も多いでしょう、耳が聞こえないので
心は淋しくて不安なんだと思います。
でも、あまりにも他傷行為をしてくる利用者が多いので
戸惑っています。
私自身5年ほど鬱を患っており
死にたくなりますが子供がいるので死ねません。
仕事から帰ると大声で泣き出してしまうことがあります。
腕についた爪痕が、より心を悲しくさせます。
怒りも沸いて来ます。

   (中略)

5年10年と施設の職員をやっていらっしゃる方、
心折れない支援のコツがありましたら教えていただきたいです。
それとも、こんなことで怒ったり泣いたりしている
私はこの仕事に向いていないのでしょうか?


 さて、一方、肝心の重度の知的障碍者の方たちの訴えや本音は、聞くことができない……のがもどかしい。
 家族の方たちも、代弁する、というより、彼らへの思い入れと懸命さを訴えるのがやっとのようだ。
 ホント、何もかもがもどかしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月18日 - 2016年9月24日 | トップページ | 2016年10月2日 - 2016年10月8日 »