« 2016年3月20日 - 2016年3月26日 | トップページ | 2016年4月3日 - 2016年4月9日 »

2016/04/02

4月1日 影の女

 ひょんなことから、横溝 正史に「扉の影の女」 と題する小説があることを知った。

Dsc_0172

→ 29日に開花宣言した……と思ったら、31日には満開に。今年はなんて気の早い桜なんだろう!  でも、散り急がないでね!

 小生は未読である。傑作という評判も仄聞しないが、題名が気になる。
「扉の影の女」とは、どういうことなのか。

続きを読む "4月1日 影の女"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/31

白木蓮からインコの思い出へ

 近所で毎年、今頃の時期になると咲いてくれる白木蓮が、今年も満開となった。
 辛夷(こぶし)と違って、全開とはならないというが、現物を見る限り、目いっぱいに開いている。

Dsc_0169_2

← 近所で満開となった白木蓮。

白木蓮(ハクモクレン)」(「季節の花 300」より)によると、 「花びらは太陽の光を受けて南側がふくらむため、花先は北側を指す。(よって、「つぼみ」の頃は片方にそり返っている)このことから、「磁石の木」と呼ばれることもある」という。
 これは初耳。今度、ゆっくり観察してみたいけど、眺める姿が変人か不審者に思われそうで、やや心配である。

続きを読む "白木蓮からインコの思い出へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/29

春眠惰眠暁を覚えず妄想的考察(後篇)

 この性的快楽の世界への飛躍、性の楽園への常時接続の実現には、いかに天才的 に助兵衛なサル君であろうと、相当に苦しい試練もあったはずである。まず、雄に してみれば、通常チンパンジーの雄でもH度は満点であり、日に何十回もHが(つ まり性的興奮状態、肉体的局所の屹立状態が)可能なのだし、一旦、自慰を覚える と死ぬまで局所への変質的摩擦を止めることはない。
 つまりは雄は、Hに関して瞬間的に燃え上がり、瞬間的に快感を得る約束があり、 ということは、何も前戯などなくなって構わない単純な機構レベルにありがちなわけである。相手の雌が誰だって(多少は、互いに選びっこはするだろうが)構わな い。

続きを読む "春眠惰眠暁を覚えず妄想的考察(後篇)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016/03/28

春眠惰眠暁を覚えず妄想的考察(前篇)

 チンパンジーなど、お猿さんたちがHが大好きなことは知られている。こればっ かりは体力の差もあり、人は全く敵わない。自慰の回数でもHの回数でも、太刀打 ちなど論外である。人がマリファナや催淫剤などを使ったって、Hの量も快楽の度も、たかが知れている(という)。
 ところで、しかし、お猿さんたちと人が違うのは、Hの質であり、Hへの思い入 れ(想像、妄想、etc.)であろう。
 小生は、若い頃、お猿さんの活躍ぶりを眺めながら、当時自身も若かったことも あり、何故、お猿さんはあんなに凄いのだろうと感嘆したことがある。そしてある 日、閃いたのだった。
 といっても、思いついた着想というのは、極めて平凡なもので、きっと多くの方 も(特に男性?)一度は想像されたビジョンなのではないかと思う。

続きを読む "春眠惰眠暁を覚えず妄想的考察(前篇)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/27

雨っ垂れ

 水道の水が一滴、また一滴と落ちている。
 どんなにしっかり締めても水は垂れてしまう。

Dscn0969

 蛇口に水が垂れ零れてきて、一瞬、透明な顔を覗かせたかと思うと、次の瞬間には、流し台へと落ちていく。
 飽きずに見惚れてしまう。
 庇に降りかかる雨がケーブルを伝っていく。

続きを読む "雨っ垂れ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月20日 - 2016年3月26日 | トップページ | 2016年4月3日 - 2016年4月9日 »