« 2016年2月28日 - 2016年3月5日 | トップページ | 2016年3月13日 - 2016年3月19日 »

2016/03/12

今日は呟くように愚痴の数々

 即席ラーメンの封を開けようとしている。なかなか開かない。指先に力が入らないようだ。
 何とか開いた。でも、難儀は続く。

Symmetry

← ヘルマン・ヴァイル著『シンメトリー』(遠山啓 紀伊国屋書店) 「美術,建築,デザイン,生物学,化学など多彩な素材を駆使して,芸術や自然の世界に伏在する〈シンメトリー〉という事実を拾い上げ,その間をつらぬく統一的原理を探り,現代数学における〈群〉概念を説明する」とか。自宅では本書を、車中の待機中は、本稿末の三木 成夫著『生命とリズム』を読んでいる。

 今度は、汁の入った小袋の封が開かないのだ。何処かに開けるための切り口があるはずだ。でなければ、この側面だったら何処でも指先で開けやすいよう、うまく塩梅されている……なんて表示してあるはずだ。が、切り口が見えなけりゃ、開けやすい工夫が示されているはずの文字が読み取れない。 
 一事が万事、こうだ。汁の入った袋の開け方は商品ごと、メーカーごとに違う。統一しろよって言いたくなる。

続きを読む "今日は呟くように愚痴の数々"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/03/10

これ幸いと(?)読書三昧

 昨日は仕事の日だったのだが、起き掛けの頃から腹痛に悩まされ、何度となくトイレに駆け込んだ。
 左下腹に鈍痛。収まったかなと感じるも、尿意が頻発し、おしっこをすると腹痛がぶり返す。

076

← セサル・アイラ著『文学会議』 (柳原孝敦 新潮クレスト・ブックス)

 とうとう、滅多にないことだが、会社を休んだ。
 ベッドに横たわるのも億劫で、居間でリクライニングチェアに体を埋め、ずっと体を預けっ放し。

 昨年の半ばころから、折々、腹痛が不意に発生する。

続きを読む "これ幸いと(?)読書三昧"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/03/09

「ライドシェア」という名の白タク

 今日、東京・日比谷公会堂で、「ハイタク労働者総決起集会」が開催された。その後、デモ行進が行われた。

20160224_banner_1

→ 「全国自動車交通労働組合連合会(全自交) l ホーム

 バスが規制緩和されて、重大事故が相次いだことは記憶に新しいってところじゃない、逆に規制が徐々にだが強化されつつある。
 まだまだ規制が不十分で、今後、さらに重大事故が発生して犠牲が生じて、さらなる規制強化の動きにつながるだろう。
 一方、タクシーは規制緩和となったり、規制が強化されたり、政策が右往左往する中、とうとう、究極の白タクである、「ライドシェア」の動きが出てきた。

続きを読む "「ライドシェア」という名の白タク"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/07

『ファインマンさんは超天才』を読む

 C.サイクス著の『ファインマンさんは超天才』 を読了した。日曜日、仕事が暇なもので、待機時間中に150頁以上も読めて、残りは帰宅してから一気に。

Photo

← C.サイクス著『ファインマンさんは超天才』 (大貫 昌子【訳】 岩波現代文庫)

 ファインマンは、「1965年、量子電磁力学の発展に大きく寄与したことにより、ジュリアン・S・シュウィンガーや朝永振一郎とともにノーベル物理学賞を共同受賞した」ことでも知られる。

 実際、彼の超天才ぶりもそうだけど、人間味が豊かで改めて彼に魅了されてしまった。

続きを読む "『ファインマンさんは超天才』を読む"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月28日 - 2016年3月5日 | トップページ | 2016年3月13日 - 2016年3月19日 »