« アイヌの頭越しに北方領土交渉! | トップページ | 原聖著『興亡の世界史 ケルトの水脈』に冷や水を浴びせられる »

2016/12/25

いよいよ降雪の季節の到来

 近々の降雪に備えて。ポリバケツの中にはお風呂の湯沸かし装置(バンス)を入れてある。
 バケツに除雪した雪を溜めこの装置で溶かし、さらに表の庭に融水を流して、多少ながらも消雪をしようという苦し紛れ。

Dsc_0410

← 自前・特設の融雪装置。

 そろそろ大活躍しそうな季節が迫っている。
 バケツの後ろには、小型の冷蔵庫。ビニールのスダレを被せてあって、一見しても分からないだろうけど。
 何のために玄関先に冷蔵庫が?

 溶かした雪水を凍らせる……なんて、嘘です。毎週、業者より配達される豆腐(や生もの)などをこの冷蔵庫に収めてもらう。夏場は大活躍する。

 昔、父母が健在だったころ、我が家には週に一度、二丁の豆腐。週に二度、2本ずつのコーヒー牛乳が配達されていた。
 当時は、小生が居なくても、誰かしら居たので、豆腐やコーヒー牛乳は、それぞれの業者が玄関の戸をガラガラと開けて、中の下足入れの棚の上に置いて行った。代金も、その棚に用意。

 それが、父母が亡くなり小生の一人暮らしが始まった。
 豆腐は週に一丁でいいし、コーヒー牛乳は要らない。
 それ以上に、小生は仕事や買い物、畑や庭仕事などで不在がち。

 そこで、夏場の寝室用に使っていた、小型冷蔵庫を玄関先に置くようにした。
 その中に、豆腐などを入れてもらう。あるいは親戚などからの生ものの配達があっても、その冷蔵庫に入れてもらう。

 冷蔵庫にビニールのスダレを被せてあるのは、冷蔵庫が玄関先にあるのを隠すためもあるが、それ以上に、冷蔵庫に朝からお昼過ぎまで陽光の直射を浴びるので、冷蔵庫の冷蔵機能を少しでもカバーするため。

 そうそう、この小型冷蔵庫は、東京在住時代に狭いワンルームで使っていたもの。十分に使えるので、捨てるわけにはいかず、帰郷の際、持って帰ったもの。
 通算すると、十五年は使ってきている。

P05f07b

→ 「スーパー風呂バンス1000」 強力1000Wヒーター搭載のスーパー風呂バンス。但し、小生が買ったのは、旧型である。一冬も使わないうちに文字通り、お蔵入り。それがこの数年、こんな形で活躍するようになるとは、メーカーさんも想像だにしなかっただろう!

 ところで、ポリバケツにお風呂の湯沸かし装置(お風呂バンス)を収めていると書いた。
 これは、もともとは、お風呂の沸騰用と湯温の維持用にと、数年前に買い求めたもの。
 が、熱効率が悪く、そもそも、毎日、入浴するわけでもないので、使うのが非効率に思えてきてしまって、ついには、蔵に仕舞ってしまっていたもの。

 まさか、ポリバケツに収めて、特設の融雪装置として使うようになるとは思わなかった。
 まあ、冬場だけでも、使えば、無駄な買い物ではなかったことになる…はず。

|

« アイヌの頭越しに北方領土交渉! | トップページ | 原聖著『興亡の世界史 ケルトの水脈』に冷や水を浴びせられる »

写真日記」カテゴリの記事

思い出話」カテゴリの記事

恋愛・心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/64675307

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ降雪の季節の到来:

« アイヌの頭越しに北方領土交渉! | トップページ | 原聖著『興亡の世界史 ケルトの水脈』に冷や水を浴びせられる »