« 灯火親しむべし…どころじゃなく | トップページ | 月の兎悲話 »

2016/11/04

自作のキュウイを食べようとしたけれど

 一昨日、買ってきた高枝切鋏を初私用。初といっても、この鋏が買ってきたばかりというだけで、こうした鋏はこれで四代目。いずれも、三年を待たずに、ある日、プッツンして、恐らくはワイヤーが切れたか、鋏部分との繋がりが外れたりしたのだろう。

Dsc_0349_2

← 初めて収穫したキュウイを早速、カットして食べようとしたけれど……

 使い方が激しいか、荒っぽい(雑な)のか、あるいは、使った後のメンテナンスが悪いのか、それとも、使用後に外に置きっ放し(庇の下なのだが)なのが錆などの元になるのか、いずれにしても、3年持たない。
 それでも、買ってきたばかりの高枝鋏なので、今日、秋晴れなのを幸いに、早速、使ってみたのだ。

 杉や松など、半ば藪のようになっている我が家の庭の樹木たちを片っ端から、せっせとカットしていく。
 といっても、数時間でどうなるものではないのだが。

Dsc_0344_3

→ 毎年、今頃になると、この赤っぽい葉っぱが我が家のやや寂しげな雰囲気に沈みがちな庭を彩ってくれる。でも、名前が分からない。写真では今一つだけど、実物の紅葉ぶりは素晴らしい。

 初めてキュウイを収穫。お試しで2個だけ。とりあえずカットして食べようとしたけど、酸っぱいし固くて食べられない。

 キュウイって、どうやって食べたらいいの? って、呟いたら、「そのままで甘めのヨーグルトと食べるか、収穫後に、りんごと同じビニール袋に入れて追熟させたらあま~くなります♪ 」なんて、コメントを頂いた。
「追熟」なんて言葉も初耳。

Dsc_0347_3

追熟 - Wikipedia」によると、「一部の果物などを収穫後、一定期間置くことで、甘さを増したり果肉をやわらかくする処理のこと」だって。
 そのような話は聞いたことがあるが、こうした言葉やメカニズムは知らなかった。リンゴと同じビニール袋に入れてってのは、「人為的に成熟を促進するためにエチレンガスを用いたり、エチレンガス発生量の多いリンゴの果実とともに密閉する方法がある」とか。
 そういえば、テレビでそんな説明を視聴したことがあったような。

Dsc_0348

→ 観たところ、蔓性の植物に見える。最初は緑色だったのが、秋も深まって紅葉したのか、それとも、いきなりこのような紫と赤の混じったような独特な色合いの葉っぱとして蔓から芽吹いてくるのか。我が家の樹木たちに蔓というか、蔦のようなものが夏の前から絡みついているのが散見される。そうした蔓(蔦)が、葉っぱを芽吹かせていたのだが、地味だし、それどころか目障りに感じていたのが、晩秋に近づいて、葉っぱが紅葉して侘びの感のある葉っぱとして我が目を癒してくれたということなのか、今のところ、真相は分からない。

51ds3svef9l__sx327_bo1204203200_

← 安岡 章太郎 (著) 『鏡川』 (新潮文庫) 本日、読了。数年前、自宅にあった『流離譚』 を再読して改めて感銘を受け、その続編(姉妹編)があると知り、何とか読みたいと念願していた本。これはこれで悪くはなかったが、『流離譚』ほどの重厚感がなかった。それにしても、自分がそんな若いころに、『流離譚』のような読み応えのある、当時としては安くはない本を蔵書に加えていたとは、自分を見直したくなるような……なんて。


|

« 灯火親しむべし…どころじゃなく | トップページ | 月の兎悲話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/64444297

この記事へのトラックバック一覧です: 自作のキュウイを食べようとしたけれど:

« 灯火親しむべし…どころじゃなく | トップページ | 月の兎悲話 »