« 柿の実からサンタまで | トップページ | 小鳥は何処…富山マラソンのこと »

2016/10/28

永井路子著『岩倉具視―言葉の皮を剥きながら 』読了

 数日来、読んできた永井路子著の『岩倉具視―言葉の皮を剥きながら 』を読了した。

51z20lsku4l__sx230_

← 永井路子著『岩倉具視―言葉の皮を剥きながら 』(文春文庫)

明治維新の立役者の一人、岩倉具視。下級公家に生まれ、クーデターの画策などで何度も追放されながら、いかに権力の中枢にのし上がったのか」といった本。
「「尊王攘夷」「佐幕」といった言葉を剥きながら、新たな岩倉像を立ち上げた永井文学の集大成」というが、それもさることながら、読んでいて感じたのは、幕末から明治維新政府の立ち上げに至る経緯の、想像以上の複雑さである。
 テレビドラマ的には、坂本龍馬や西郷、大久保らの英雄の活躍という物語が面白い。司馬遼太郎史観というやつだ。分かりやすいし。

 あるいは、幕末に活躍した新選組という、政府が雇った、官製版のテロリスト集団を英雄視したり。
 どんなテロ集団だって、それこそISだって、一人一人に焦点を合わせたら、そこにはドラマがあるだろうし、言うに言われる動機もあろう。ただ、嫌いな集団だと、想像力を働かせたくないだけ、とんでもない奴らだと、一言で片づけたいだけだ。

519lu90rnl__sx230_

← 『特命全権大使米欧回覧実記 1 普及版 アメリカ編―現代語訳 1871-1873 (1)』( 久米 邦武 (著), 水沢 周 (翻訳)  慶應義塾大学出版会; 普及版) 明治4年(1871年)に派遣された岩倉使節団の記録。アメリカなど海外勢が、日本について徹底的に調べたように、日本も明治維新政府を立ち上げるにあたって、海外事情を調査研究した。

 幕末から維新にかけては、幕閣も将軍も天皇も諸大名も上級武士も下級武士も、町人も商人、農民も、それぞれに表立って、あるいは陰で活躍し、暗躍し、語られぬドラマとして消え去っていったのだろう。
 小生の畏敬する島崎藤村の、「木曾路はすべて山の中である」の書き出しで知られる『夜明け前』は、まさに激動し激変する幕末の怒涛の動きに翻弄される、生真面目な村の本陣・庄屋の当主の苦悩と絶望に至る物語だ。
 恐らくは、当時、日本中に大なり小なり、そういった時代に翻弄された人々が居たに違いない。
 
 同時に、当時、日本の趨勢を左右した勢力に、アメリカやイギリス、フランス、ロシアなど、外国の勢力も見逃せない。
 なんといっても、どんな政治運動も、資金がないと、身動きが取れないのだから。

Night

← 島崎藤村著『夜明け前 〈第1部 上〉 (改版)』(新潮文庫) 拙稿「藤村『夜明け前』を読む 」など参照のこと。

 竜馬らの資金は何処から出ていたのか。
 政治体制の構築に、日本の先覚者が関わったと同時に、アメリカやイギリスの思惑が深く関わっていたに違いないのだろうが、本書もだが、大概の幕末モノにも、外圧として、変革の契機程度にしか扱われていない。
 日本の運命に、きっかけはともかく、行く末にまで深く関与していたなんて、ナショナリストとしては、眼中に入れたくはないのだろう。
 でも、M・C・ペリー著の『ペリー提督日本遠征記 上 』などを読むと、ペリー(アメリカ)は、日本に来る前の段階で、驚くほどに日本について徹底して調べている。その結果、日本については、日本に来る前の段階ですでに、植民地支配ではなく、日本の政府(政治体制)に背後から関わる、間接支配(関与)のほうが合理的だと判断していた模様だ。
 だとしたら、アメリカの資金(や思惑)が相当に、幕藩体制から維新政府への移行に関わったはずなのである。

321404000311

← M・C・ペリー著『ペリー提督日本遠征記 上 』(監訳:宮崎壽子 編纂:F・L・ホークス 角川文庫) 「喜望峰をめぐる大航海の末ペリー艦隊が日本に到着、幕府に国書を手渡すまでの克明な記録。当時の琉球王朝や庶民の姿、小笠原をめぐる各国のせめぎあいを描く。美しい図版も多数収録」とか。 (情報や画像は、「株式会社KADOKAWAオフィシャルサイト 」より)。挿画もある。幕末から維新前後、明治から大正など、古き日本の世相を知るのが好き。ペリーは、開国が欧米のみならず、日本のためになると、本気で思っている? 上下巻で1200頁以上。実に面白かった。

 本書を読んだのは、前々から、黒幕ってわけじゃないが、大久保や西郷はともかく、公家の末端だった岩倉具視という曲者が気になっていたから。
 読了して、彼の暗躍(?)ぶりも面白かったが、幕末から明治維新への移行の経緯は、想像以上に複雑な要素(人物や勢力)がカオス的に関わっているということを実感させられた。

|

« 柿の実からサンタまで | トップページ | 小鳥は何処…富山マラソンのこと »

書評エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/64411792

この記事へのトラックバック一覧です: 永井路子著『岩倉具視―言葉の皮を剥きながら 』読了:

« 柿の実からサンタまで | トップページ | 小鳥は何処…富山マラソンのこと »