« 『ロボットの脅威: 人の仕事がなくなる日』が予言する近未来 | トップページ | 相模原障害者施設殺傷事件の周辺 »

2016/09/24

ムクドリの天下

 以下は、拙稿「カラスの森 ? !」(2006/10/30)より抜粋:
(前 略)
 カラスがやたらと多い。
 あるいは、カラスの森で、区の管理下にある施設であり、民家に見えるのは、管理人(世話人)の家なのかもしれない。

Dsc_0290

← 夕暮れ時、数知れないムクドリたちが我が家の近くの電線で一休み。かまびすしい鳴き声。一瞬、ヒッチコック監督の映画「鳥」を連想(← 古い?)。エンジン音に驚いたか、一斉に飛び立ち塒(ねぐら)へと。 気のせいか、富山(市)では、カラスやスズメなどより、ムクドリが圧倒的に目立つような……。この目撃体験で、昔、鳥絡みの日記を幾つか書いたのを思い出した。

   とにかく、その森(林?)にはカラスが一杯。十数メートルの木々が数多く聳え立っていて、木々の枝分かれした陰には、どうやらカラスの巣があるようだ。
 頭上にはカラスが右往左往。
 どうやら、得体の知れない者が、つまり小生が中の様子を伺っていることに気付き、警戒しているよう。
 鳴き声が喧(かまびす)しい。

 小生、上掲の本を読み始めていることもあり、カラスの巣を探したが、やはり素人には簡単には見つけられない。
 とりあえず、持参したデジカメで中の様子を撮影。
 その際、ついフラッシュ撮影となったようで、そのフラッシュがカラスの警戒態勢を一層、強めたのは明らか。 鳴き声のトーンもペースも速くなり、不穏な空気さえ漂ってくる。
 小生、段々、怖くなってきた。 このままだと、カラスに襲われる。 ヒッチコックの映画「鳥」をふと、思い出したりして。
 小生、早々に退散してしまった。

 それにしても、取りあえずは、カラスの森と呼んでおくが、あの公園(林? 森?)は謎だ。

(中 略)

2006_10290610290025

→ カラスの森の中のカラス小屋? 何羽かのカラスがバタバタやっていた。不審者(我輩のことだ!)が覗いていることに気付いてのことなのか…。

 そもそもカラスは自分の縄張りを守るのが先決であって、そのカラスは番(つがい=夫婦)とその雛が一つの単位で暮らしている。
 つまり、その単位の縄張りを侵犯された(とカラスが思った)ら、その侵犯者に威嚇することがあるだけなのである。
 よって、他の夫婦が一緒になって侵犯する人(や動物など)を威嚇したり、まして襲うようなことはめったにないのだという。
 ただ、子育て最中だと、人を襲うこともある。カラスによっては、死に物狂いで襲ってくることだってあるとか。
 それでも、集団で襲ってくるという観察例はないらしい。

|

« 『ロボットの脅威: 人の仕事がなくなる日』が予言する近未来 | トップページ | 相模原障害者施設殺傷事件の周辺 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/64250972

この記事へのトラックバック一覧です: ムクドリの天下:

« 『ロボットの脅威: 人の仕事がなくなる日』が予言する近未来 | トップページ | 相模原障害者施設殺傷事件の周辺 »