« 久しぶりにスズメたちの集団を | トップページ | ジョイスとプルーストと »

2016/09/30

苔びっしりの桜たち

 久しぶりに晴れ。急いで未明に続き、午後にも洗濯。
 せっかくの晴れ間なので、寝不足にも関わらず、作業着を羽織って畑や庭仕事。放ったままの畑のナスやキュウリ棚を片付け、雑草を毟り、道路に食み出す樹木の枝葉の剪定。

Dsc_0292

→ 桜の木の幹(枝)にびっしりと苔。富山市の松川沿いの桜並木にて29日、撮影。 

 二時間余りの作業で汗だくに。
 ということで、雨の降らないうちにと、急いで今日二度目の洗濯と相成ったのだ。

 外仕事して隣家と接する裏道に通りかかったr、隣家のキンモクセイが満開だと気付いた。
 あれ? 我が家のキンモクセイはどうなの? って、表の庭の2本のキンモクセイたちを見てみたら、我が家のキンモクセイもたち満開だった。無数の黄色い小花たちが、秋の到来を告げてるよ。

 さて、苔がびっしりと生えている富山の松川の桜並木。
 今は葉っぱが風に揺れるだけ。

Dsc_0294

← 自宅の庭には2本の金木犀。30日、撮影。

 でも、見どころは花や葉っぱばかりじゃない。幹や枝には苔がびっしり、その姿こそ、よっぽど見応えがある!  苔が第二の樹皮のよう。まるでビロードのコートを羽織っているみたい。
 いつもながら気になるのだが、木の幹についた青い苔は取り除かなくても構わないのか。もしかしたら、樹木には有害なのではないか。

木の幹についた青い苔は取り除かないといけないのでしょうか?... - Yahoo!知恵袋」によると、「苔のせいで枯れることはない。しかし、苔(外皮)を取り除くことにより、病虫害予防の効果がある」とのこと。なので、「果樹園では冬になると「荒皮剥ぎ」をする」という。

 ま、そんなあれこれはともかく、苔びっしりの桜の幹の壮観を想う。

|

« 久しぶりにスズメたちの集団を | トップページ | ジョイスとプルーストと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/64280823

この記事へのトラックバック一覧です: 苔びっしりの桜たち:

« 久しぶりにスズメたちの集団を | トップページ | ジョイスとプルーストと »