« 常人ならざる記憶力と共感覚の世界 | トップページ | 「ゆかり発言」の上田正昭著『渡来の古代史』を読む »

2016/06/24

ボクのブルー

 青色が好きなのは、空の青、海の青が好きだから…なんかじゃない。
 ブルーが好きなのだ。

Ckj2u3juyaerlzi_2

← そらい@抽象画 作品名不詳。油彩かな。「sorai(そらい)」へ!

 ブルーの心が眸の中に漂っている。
 それとも、ホントはグレイの脳味噌のはずが、悲鳴を上げてヒートアップして、青く発熱しているのかもしれない。
 何も分からないのだよ。世界が揺蕩っている。どよーん、どよーんって、揺さぶられる潮のざわめきが煩いほど聞こえてくる。
 膿が浸潤して、骨も血管も腱も筋も、そして肺腑だって崩れ始めている。

 おっと、ボクは元気なんだよ。元気すぎるくらいなのさ。
 ただ、熱気の持って行き場が分からない。当てずっぽうな情熱が透明なガラスの球体の中で乱反射している。ガラスは鏡のようにピカピカで、ボクの息さえ、漏らすのを許さない。
 窒息しそうなほどに、ボクは自由を感じている。
 迸る血気が内部へ内部へと落ち込んでいく。
 
 すべてが青い血の海に溶け込み、溺れ込んでいく。
 キュウイの緑も、サクランボの赤も、オレンジの橙も、バナナの黄色も、みんな輪郭を失って、仲良くなって、ボクとアナタとも寄り添って……
 なのに、どうしてみんなこんなに孤独なの?
 寂しいとか、悲しいとか、逢いたいとか、聴き飽きるほど、誰もが叫んでいるのに、届かないなんて、そんなの、信じられる?

Clp_z3uuyaajf81

→ そらい@抽象画 作品名不詳 油彩? アクリルじゃなさそう

 ああ、仲良くなるって、みんなブルーの海に馴染んじゃうってことじゃないんだよ。
 みんな、それぞれでいいんだよ。
 だからさー、みんな、ボクのブルーに染まらなくていいんだってば。
 町が蒼褪めてるってわけじゃないんだし。といって、蒼穹の空が拡がってはいないけどさ。

 ああ、ボクには何も見えないみたい。何もかもをブルーにしてしまう。
 ボクは、生きているだけで、罪な奴なの?
 生きたい、愛したいって、叫んでいるだけなのに……


[文章はそらい@抽象画絵を見ながら書きましたが、文章の拙さは、そらい@抽象画さんに責任はないです。]

|

« 常人ならざる記憶力と共感覚の世界 | トップページ | 「ゆかり発言」の上田正昭著『渡来の古代史』を読む »

ナンセンス」カテゴリの記事

創作・虚構・物語」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/63824422

この記事へのトラックバック一覧です: ボクのブルー:

« 常人ならざる記憶力と共感覚の世界 | トップページ | 「ゆかり発言」の上田正昭著『渡来の古代史』を読む »