« 「ゆかり発言」の上田正昭著『渡来の古代史』を読む | トップページ | 永遠と一瞬の美しき目合ひ »

2016/06/26

137億年の孤独の海

 夜、仕事の合間などに空の星を眺めることがある。
 遠い星。遥かな高みの星。
 あの星に人類はいつか、到達するんだろうなって。
 人類は、月に達し、火星にも近い将来、立つのだろう。
 既に地に降り立ったという月の世界すら、小生のようなぼんくらには遥かに遠い世界なのだ。

 一番近い星ですら、光が何年もかかってやってくる。
 たまたま私は地上に立っているから、安定しているかのようだけど、ホントは太陽系の地球というちっぽけな小舟に揺られているのだ。

 一歩、大気圏外に出ると、宇宙の孤独に彷徨うことになる。137億年の孤独の海。
 壮大な世界、凍て付いた稀有な時空。

 茫漠たる世界に独りぼっちの自分は、目の前のあなたの手すら握れない。
 卑小な自分は、星の欠けらですらないなんて ああ!

参考:「点々は 宇宙を攪拌しないのです」(2010/05/27)

|

« 「ゆかり発言」の上田正昭著『渡来の古代史』を読む | トップページ | 永遠と一瞬の美しき目合ひ »

ナンセンス」カテゴリの記事

恋愛・心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/63830299

この記事へのトラックバック一覧です: 137億年の孤独の海:

« 「ゆかり発言」の上田正昭著『渡来の古代史』を読む | トップページ | 永遠と一瞬の美しき目合ひ »