« あなたの中のミクロの世界第2回 ヒトは微生物との集合体 | トップページ | 日本人は優秀…だとか »

2016/05/02

雨の日の公園

 ボクは公園を歩いてみた。近所にあるけど、天気のいい日には一度も行ったことのない公園。

2016_019

 児童公園ってものじゃなく、大人たちが草野球やゲートボールだってやっているし、大きな遊具が幾つもあって、休日ともなると、近所の親子連れでいっぱい。
 母親や父親が子供たちの遊び興じる様子を見守っている。

 ボクは、ひとりぼっちなので、なんとなく行きづらい。
 行ったって、仲間外れになるに決まっている。

 でも、行きたい。遊んでみたい。誰にも見咎められずに、大きな広場を駆け回ってみたい。
 みんなのように、大声を張り上げて、鉄棒やら滑り台やら、お伽の国のようなトイレやら、青空を震わせてみたい。

 ボクは、空を泳ぐ魚になる。でっかい魚だ。白い雲はボクの隠れ家、ボクのベッド、ボクの仲間だ。
 地上で誰かがボクを見て叫んでいる。
 えっ、何、言ってるの? まさか、ボクを呼んでいる?
 ボクを仲間に入れてくれる ? !
 ウソじゃないの? 夢のような話だよ?
 
 ウソじゃない証拠に、あの子はボクに向かって、紐を投げかけてくれた。紐を掴んだら、それこそ地上の見知らぬあの子とボクとは、絆で結ばれるってこと ? !
 
 ああ、あの紐さえあれば、ボクたちは友達になれる。夢のような話だ。縄跳びだって、できる。ロープを回してピョンピョン、跳んでみる。!
 そうだ、紐をみんなで手に持って、紐の中に入って、ガタンゴトンって、電車ごっこも楽しいぞ。
 そのうち、中にあの子も入ってきて、ボクとあの子は、きっと。

 そしたら、次は鬼ごっこだ。最初は、ボクが鬼になって、みんなを、あの子を追いかける。
 次は、あの子が鬼になっちゃうかな。ボクを追ってくれるかな。

 ボクは、きっと、ずっとあの子を追いかけるんだ。どこまでも。
 
 気が付いたら、ロープを持ったまま、走っていた。ボクもあの子も絡んで絡まれて…。

 そんな夢をボクは追っていた。

2016_0191

 雨は降り止まない。誰もいない公園。
 ボクさえ、姿が見えない。窓をたたく雨の音だけが聞こえてくる。
 ベッドからは人影のない公園が見えるだけ。
 
 それでも、ボクは楽しいんだ。公園に、そう、夢のど真ん中にいたに違いなんだから。

[ 本文中の画像は、「小林たかゆき お絵かきチャンピオン」より。]

|

« あなたの中のミクロの世界第2回 ヒトは微生物との集合体 | トップページ | 日本人は優秀…だとか »

ナンセンス」カテゴリの記事

ボクもの」カテゴリの記事

創作・虚構・物語」カテゴリの記事

恋愛・心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/63565659

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の日の公園:

« あなたの中のミクロの世界第2回 ヒトは微生物との集合体 | トップページ | 日本人は優秀…だとか »