« 激変しつつあるタクシー業界 | トップページ | ヴァージニア・ウルフ『ある作家の日記』再読 »

2016/05/26

防鳥ネットのはずが書棚に!

 帰郷して八年余り。初めて、生活に必要なもの以外での大物買いをした。
 書棚を買ったのだ。

Dsc_0193

←  とうとう、待望の書棚が来た。今までは、カラーボックスなどに詰め込んでいた。とりあえず、埴谷雄高全集などを収めたが、中に何を収めるか、これからゆっくり考えるよ。開閉するドアのガラスに何か映っているけど、気にしないこと。

 これまでは、父の書棚やカラーボックスなどに置いてきた。それはそれでいいのだが、この数年、本を買って読むようになっているので、次第に自分の本も増えて、置き場に困っていた。
 でも、わざわざ書棚を買いに行くほど、酔狂でもない。

 実は、ホント、ひょんなことから買うに至ったのである。

 久々の連休なので、今日は畑仕事に汗を流すつもりでいた。
 過日、植えた野菜類のためのネット、それと支柱立て。
 支柱のほうは父の代からの買い置きがあるので、それを使えばいい。

 問題は、防鳥ネットである。
 在庫分は使ったが、まだ足りない。近所で買うことも考えたが、リサイクルセンターに安いものがあるのではと期待したのである。

Dsc_0178

→ スイカとトウモロコシの畑に支柱とネット。ネットはトウモロコシが鳥などに食われないため。去年は、収穫直前に全部、食われちゃったから、今年こそ! 画像にある、黄色い防鳥ネットが端緒で、書棚に巡り合った!

 残念ながら、店の人に聞いても、ネットの類はないという。
 それはそれとして、店の人に聞く前に店内を見て回った。すると、その店には二階があることに初めて気づき、ネットを探すためもあって、一階から二階へと隈なく見て回った。

 二階へ至る階段の踊り場にも、結構、気を引く商品が陳列されている。
 二階は、家具など大物。大人のおもちゃもあって、へえー、である。
 近く、法事があるので、座布団に座るのも苦しい人が何人もいるので(自分のためにも)、折り畳みの椅子を四脚、衝動買い。

 さらに、せっかくなので、書棚はないかと物色していたら、なかなか立派な書棚も二種類あった。
 そのうちの一台を衝動買い。
 その場で買うことを即決し、翌日の今日、配達してもらったのである。

Dsc_0181_2

← ナス、キュウリ、トマトの畑にも、支柱を設置。こちらは、ネットは不要。今年は、ゴーヤは止めた。

 家の前は水道工事をしていて、車は通れるかと心配していたが、なんとかなった。
 真新しい(かのような)書棚を玄関へ、さらには書斎を兼ねる寝室に運び入れてもらった。

 書棚をどこに置くかは、前日のうちに決めておいた。
 決めていなかったのは、書棚にどの本を入れるか、である。そっちのほうは、今後、ゆっくりじっくり決めていけばいい。

 とにかく、書棚が欲しかったのだ。カラーボックスじゃなく、スチール本棚でなく、受験生や学生風のじゃなく、書物を収める書棚が欲しかったのだ。
 値段も(敢えて明記しないが)手頃だったのは、言うまでもない。

Dsc_0182

→ 我が家の庭は、ツツジ盛り。ツツジの樹が一本か二本、咲くことはあって、これほど揃って咲くなんて、帰郷して初めてのこと。なぜなのか、理由が分からない。

 とりあえず、埴谷雄高全集を収め、画集を何冊か収納し、学生時代に買って、今もってなぜか所蔵しているLPレコードを収めた。
 そのうち、全集モノを何種類か収めようかと思うが、まあ、ゆるゆる考えていく。それもまた楽しい。

 ということで、防鳥ネットを買うはずが(ネットは結局、近所の金物屋さんで買った)、書棚を買ったという次第であった。

|

« 激変しつつあるタクシー業界 | トップページ | ヴァージニア・ウルフ『ある作家の日記』再読 »

写真日記」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

駄洒落・戯文・駄文」カテゴリの記事

コメント

欲しいものが手に入ったときの喜びといったら!
なかなか素敵な書棚じゃないですか。
鳥に感謝しないと(笑)
私も書棚が欲しいです。
数年前にスチール製のスリムな棚を買いましたが、すでに満杯。
かといって、狭いわが家にこれ以上の家具を置くゆとりはありません。
中身を入れ替えるしかないですね。

投稿: 砂希 | 2016/05/28 17:59

砂希さん

ホント、ひょんなことから念願だった書棚をゲットすることに。気に入るような書棚を買いに行くのも、手元不如意の小生には敷居が高い。
それが、リサイクルセンターでこんな立派な書棚を見つけるとは。
本は、読むのがメインだけど、所蔵もしたい。
電子書籍は、ハウツー本や軽めの本にはいいけど、しっかりした内容のものは、ハードな本で所蔵し読みたいものです。

投稿: やいっち | 2016/05/29 21:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/63687640

この記事へのトラックバック一覧です: 防鳥ネットのはずが書棚に!:

« 激変しつつあるタクシー業界 | トップページ | ヴァージニア・ウルフ『ある作家の日記』再読 »