« 日本人は優秀…だとか | トップページ | 本や苗の買い出しへ »

2016/05/06

影のない女

 追われている。
 どこの誰とも知らない女に。

2016_079

 なぜ、追ってくるのか分からない。
 まさか、このオレを慕って?
 そんなわけがない。
 生まれてこの方、一度だってそんなことはなかった。
 誰一人、オレに関心を抱いた女などいなかった。いや、そもそもこの世にオレに振り向く人など、いたためしがないのだ。

 オレはただただ、怖い。
 何か魂胆があるに違いない。そうとしか思えない。
 何一つとりえのないオレなのだ。そんなことは、もう、嫌ってほど思い知らされてきた。
 今更、自分に幻想など抱かない。
 オレは、幽霊のように、ダークマターのように、人の世を行き過ぎていく。
 行き交う人は誰一人、オレに気づくことなく通り過ぎていく。

2016_091

 なのに、あの女ときたら。
 オレに何の用がある。
 オレに関わって、何の得がある。
 行き過ぎろよ、みんなのようにさ。
 袖を擦り合ってさえ、みんな、オレに見向きもせずに行っちゃうんだぜ。
 影さえ、オレには勿体ないとばかりに、薄いし、怯えているようだ。影くらい、堂々と日向を歩いてみろって言いたいもんだ。

 オレの気のせいなんだろうか。オレは臆病で、女の顔を一度だってまともに見たことがない。
 あの日、あの街角で見た女。また別の日、丑三つ時の表通りを歩いていく女。それどころか、車のドアを開けた拍子に思わず目を見交わした女。どうしたらいいのか、分からないと嘆くように言った女。
 その女たちが同じ女なのか、それとも、オレの思い込みが作りだした幻想の女なのか、さっぱり分からない。

2016_170

 ああ、でも、今のオレはそれどころじゃない。
 オレは倒れそうだ。体のどこかが傷んでいる。
 そのことを知っている人がいる。
 オレが生まれて初めて、素直にオレの事情を打ち明けてしまった相手。
 ナースのようなあの人は今、何処に居るのだろう。居場所など、オレに知りようがない。

 疲れ果てていた。何も見えないのだ。見る勇気さえ、萎えてしまったのだ。
 朽ち果てて、誰にも看取られずに消えていくオレなのだ。真昼の世界の眩しさに耐えられないのだ。だから、瞳の輝きも、オレは正視できない。
 オレは一人、消えていく。もう、間に合わない。今更、どうなるというのか。

2016_493

 疲れ果てているのは、女のほうなのだ、という声が、眠れぬ夜の夢の中で聞こえてくる。魘されているオレの耳元で、ナイフの切っ先のような声が、オレの脳味噌に突き刺さってくる。
 身も心もボロボロ。女ではなくなったわたし、という恨み節。
 何もかもを曝け出して、それでも見向きもされないなんて、女じゃないわよね。

 痩せ細って、今じゃ、影すら失われた女。
 その女が、今でもオレを追っている。夢の躯の横たわるベッドにまで潜り込んでくる。
 でも、オレには辿り付かない。
 追われているなんて、所詮、オレの妄想に過ぎないのだから。


[ 本文中の画像は、「小林たかゆき お絵かきチャンピオン」より。]

|

« 日本人は優秀…だとか | トップページ | 本や苗の買い出しへ »

ナンセンス」カテゴリの記事

創作・虚構・物語」カテゴリの記事

夢・夢談義」カテゴリの記事

恋愛・心と体」カテゴリの記事

コメント

一昨日、金縛りに遭いました。
何かがいる気配を感じましたよ。
やせ細った女ではありません。
動物がたくさんいるみたいでした。
妹の家に行くと、こうなる気がします。
巣窟??
でも、何も語りかけてこないので怖くはないんですけどね。

投稿: 砂希 | 2016/05/07 20:39

砂希さん

金縛り体験、怖かったですか。小生は経験がありません。経験したくもないし。

でも、霊の力の強い場だと、何かしらありそうですね。
しかも、黙って、見下ろしているなんて!
何か言うのも怖いけど、沈黙ってのも、怖い気がする。

人間、恨みを買うほどに妄執の強い人だと、どこまでも執念を引きずっていくんでしょうね。

投稿: やいっち | 2016/05/10 18:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/63590621

この記事へのトラックバック一覧です: 影のない女:

« 日本人は優秀…だとか | トップページ | 本や苗の買い出しへ »