« コンプレックスの塊こそが人間 | トップページ | あなたの中のミクロの世界第2回 ヒトは微生物との集合体 »

2016/04/28

ニコライ・レーリッヒの孤高の境涯

 今日は、休日なので、庭仕事や畑仕事をしたかった。滞ったままで、昨日、少しはやったけど、まだまだやることがたくさんある。
 でも、前夜来の雨。それも、終日。

704323_043

→ ニコライ・レーリッヒ(Nicolas Roerich)作 (画像は、「∞山田みきのおむすびっ記∞ バイクでニコライ・レーリッヒ@Manali3」より)

 仕方なく、今日は、家の中を掃除。久しぶりに掃除機を使って、5つの部屋や寝室、茶の間、廊下や玄関を掃除。
 掃除機を使ったのは久しぶり。大抵は、モップだったり、ダスキンだったり。

 日中は、歯医者さんへ。歯石を取ってもらったのだが、かなりきつい治療だった。
 ところで、先日、金歯を抜歯してもらったのだが、少なくとも金歯は小生の物のはず。歯医者さんが没収してしまった?

Cgtoq5eukaeu2qj

← ニコライ・レーリッヒ作 (画像は、「八重樫克彦・由貴子(@katsyuki2)さん Twitter」より) 多くの作品は、「Nicholas Roerich selected paintings slideshows」にて。

 ヒマラヤを探検し、人類の理想郷「シャンバラ」に到達したと噂されるロシアの画家ニコライ・レーリッヒ。
 小生は、「八重樫克彦・由貴子(@katsyuki2)さん Twitter」にて<発見>した。
 全く初耳の人物。
 あるいは、遠い昔、神秘家として聞きかじったような気もするが、今回、上掲サイトのツイートで新鮮な感動を覚えた。

700162

→ ニコライ・レーリッヒ作 「Everest 1936」 (画像は、「Nicolas Roerich Museum」より)

ニコライ・レーリッヒとシャンバラ伝説 - 佐藤浩 ブクログのパブー」によると、「ニコライ・レーリッヒ(1874-1947)はロシア・ペテルブルグ生まれの画家で、思想家、詩人、探検家、平和運動家」だとか。
 人類の理想郷とされる「シャンバラ」は、「中央アジア奥地の雪深い山脈によって外界から隔てられた地の、さらに地下深くにあるという神々のユートピア」だとか。
「この地の言わばお膝元にあたるチベットを中心に、世界の民族そして宗教が「聖地」の存在を語り継いで来ました」らしい。
「シャンバラとはチベット語で「幸福の源に抱かれた土地」を意味」するという。

700125_2

← ニコライ・レーリッヒ作「Himalayas」(1933) (画像は、「Nicolas Roerich Museum」より)

 まあ、彼の思想はともかく、彼の絵画作品の際立つ個性と独自性は否めない。

シャンバラの使徒 ニコライ・レーリッヒの思想と生涯」(2008年4月)によると、「ストラヴィンスキーと共にバレエ「春の祭典」の台本作成。13年にはパリで初演。レーリッヒは舞台装飾も担当」とか。
 また、同上サイトによると、「1923-28」の頃、「シッキムからインド、カシミール地方を経て、25年から3年3ヶ月に渡る大探検旅行を挙行。中央アジア、チベット、モンゴル、シベリアまでの広範囲を調査。シャンバラ、キリスト伝説の収集。宗教、考古学、民俗学、言語学の分野で多大な成果」を上げたようである。

703483

→ ニコライ・レーリッヒ作「Compassion」(1936) (画像は、「Nicolas Roerich Museum」より) 彼の思想や境地の孤高ぶりが歴然と。

 意外なエピソードに、「アメリカの1ドル札の裏に印刷されている国璽(フリーメーソンのシンボル)の採用はレーリッヒが当時農務長官だったウォーレースに勧めたもの」といったことも。

参考サイト:
ニコライ・レーリッヒとシャンバラ伝説」(佐藤浩 ブクログのパブー)
シャンバラの使徒 ニコライ・レーリッヒの思想と生涯」(2008年4月)

|

« コンプレックスの塊こそが人間 | トップページ | あなたの中のミクロの世界第2回 ヒトは微生物との集合体 »

ツイッター」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

美術エッセイ」カテゴリの記事

コメント

こちらもようやく休日です。
天気はいいけど強い風が吹いています。
出かける予定をキャンセルして、家でまったりすることにしました。
抜いた歯をどうするつもりなんでしょうね。
本人に返すべきものだと思います。
請求しましたか?

投稿: 砂希 | 2016/04/29 16:14

砂希さん

小生は、世間の多くの人と違って、連休中も二日に一日は仕事。かなり暇そうです。

金歯も銀歯も帰ってきません。配車の余得なのでしょうね。

投稿: やいっち | 2016/04/29 21:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/63550536

この記事へのトラックバック一覧です: ニコライ・レーリッヒの孤高の境涯:

« コンプレックスの塊こそが人間 | トップページ | あなたの中のミクロの世界第2回 ヒトは微生物との集合体 »