« 我が家の花々 | トップページ | ジョイスにポール・W・ルイスにジュネに »

2016/04/18

寧日の日々

 私は形を失ったゾウリムシ。それとも、腐り切ったミジンコ。
 あるいは、踏みつけられ大地に無残な姿を晒すミドリムシ。

53669632_2208540472_189large

← (画像は、「小林たかゆき お絵かきチャンピオン」より)

 透明な粘々する、恐ろしく濃密な時空に窒息し押し潰された肺の成れの果て。
 体表の繊毛列は、ダンプカーに突っ込まれた麦畑のように、薙ぎ倒された茎の惨状を呈している。
 細胞の口は、喘ぐことしか知らない、末期の老婆のように、呆けた心を吐きだそうとしている。

 見ろよ、咽頭が丸見えじゃないか。恥も外聞もあったものじゃない。
 体内に紛れ込んだ黄砂は肺胞という肺胞を埋め尽くす。

Daphnia_pulex

→ ミジンコ Daphnia pulex (画像は、「ミジンコ - Wikipedia」より) 「ミジンコはたった4個体を起源とする北米からの帰化種... プレスリリース 東北大学 -TOHOKU UNIVERSITY-」 

 体表からは、涙の滴にも似た涎が垂れ流されている。口吻を汚し、体内を遊泳し、肉に満ちた食胞を食い散らかし、やがては親も知らない子を孵化し、棘状の突起を逆立てつつ膨満し、表面の甲羅で以て肛門を引き裂き、時には親の血肉を食い破ったのだった。
 一つ目の、涙の羊水に溺れるあなたに焦がれる私。あなたとの接合の夢を夢見る……。

Paramecium

← ゾウリムシの一種 Paramecium aurelia (画像は、「ゾウリムシ - Wikipedia」より)

 だが、そんな祭りの時も過去の夢。栄華の時は短いのだ。
 愛する大地に還元されていく私。身は朽ちて土に還る。
 もう、土なのか糞なのか、見分けも付かなくなっている。
 お前の過去の、現実に餓えるばかりの心乏しき寧日の日々。
 こうなるのが望みだったんだろう?
 これでよかったんだろう?

|

« 我が家の花々 | トップページ | ジョイスにポール・W・ルイスにジュネに »

恋愛・心と体」カテゴリの記事

目次・索引」カテゴリの記事

祈りのエッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/63504731

この記事へのトラックバック一覧です: 寧日の日々:

« 我が家の花々 | トップページ | ジョイスにポール・W・ルイスにジュネに »