« ジョイスにポール・W・ルイスにジュネに | トップページ | 前日の夢の続き(?)を見た »

2016/04/22

今朝見た、意味不明な夢

 何処かのホテルかマンションの一室に居る。
 どうやらそこで暮らしているらしい。何階かは分からないが、一階や二階じゃない気がする。

Dsc_0208

← 仕事で海王丸パークへ。練習帆船海王丸を久々に見る。青空に映える。

 部屋はワンルーム、でなければ、狭いながらも個室タイプのホテルの一部屋。
 ふと、部屋の外に人の気配を感じた。
 廊下を挟んで両側に同じようなワンルームの部屋が並んでいる。その廊下に人が立っている。しかも、オレの部屋の外、玄関のドアのすぐ前に立っている。
 気配といったが、どうやら、ドアを開けようとする音でオレは気が付いたようだ。

 何だって、オレの部屋のドアを勝手に開けるのか。
 しかも、既に半開きの状態になっているではないか。
 オレは、慌ててドアへ近づき、ドアのノブを持って、閉めようとする。
 なんとか、奴との力関係は、その時はオレが勝ったようで、ドアは閉まった。
 ドアには鍵がかかっていたはずなのだが、改めて鍵を、ドアチェーンを掛ける。

 ドアに付いている、新聞を投函する小窓を通じて外を窺ってみた。
 そこには、痩せ気味の、何処か貧相な感じのする、背丈は175センチほどの、髭面の男が立っていて、オレのほうを、小窓から覗くオレの目を見ている。

 目が合ったことに恐怖した。
 奴はしかし、表情を一切、変えない。ただ、ドアのノブにまた手をかけ、開けようとする。しかも、奴は鍵穴にキーを差し込んでいるではないか。キーを持っている!
 何故?

 オレの疑問など頓着せず、奴は鍵を回し、ドアを開けようとする。
 オレはドアをノブを懸命に固めてる。
 奴は、侵入を諦めた…というわけでもないのだが、オレの部屋のドアから離れ、廊下を挟んで真向いの部屋のドアを開けようとし始めた。

 開けるのに成功したのかどうか、記憶に定かではない。
 奴は、その部屋の、向かって左側の部屋のドアを開けようとする。その部屋は、このフロアーの突き当りの部屋だ。
 つまり、オレの部屋は突き当りから二部屋め、ということになる。
 奴は、突き当りの部屋を開けようする。あっさり、開いてしまって、奴はその部屋の中へ入った。
 
 が、気が付くと、奴はまた、オレの部屋のほうへやってきて、また、ドアを開けようとするのだった。
 一部始終を見ていたオレは、泥棒と叫んだ……ような気がする。
 奴を撃退しようと必死だったようだ。
 奴はオレの部屋へ侵入しようとする。そのうち、成功し、オレは……。

               [閑話休題]

 以上は、今朝見た夢の、恐らくは一部である。その一部にしても、ほとんど忘却の彼方である。
 フロイト的な解釈を試みるか。

 つい先日、、仕事でN市のホテルに泊まった。4人の同僚がそれぞれ4階の個室を宛がわれていた。
 夜、10時前に外食に出かけた際、そとの「せん」という店で一緒になった。
 小生が食事していたら、同僚から電話があり、今、ここで食事しているよと、答えると彼ら二人がやってきたのだ。 
 仕事なので、食事は昼食が出たが、夕食は自前だったのだ。が、コンビニ弁当も味気ないなと思いながら、外をぶらぶらしたら、その「せん」を見つけたのだ。久々、外でラーメンを食べた。フランクフルトを食べ、ビールを飲んだ。
 隣にか、向い側には、同僚がいる。誰かの部屋へ行くとか、誰から小生の部屋に来るということもなかった。
 何たって、夕食を終えて部屋でシャワーを浴びるなど、一服したら、もう、11時を回っていたのだ。
 庶民的なラーメン屋さんでの、食事しながらの雑談でもう十分だったし。
 
 解釈はやめておく。今夜はもう遅いし。

|

« ジョイスにポール・W・ルイスにジュネに | トップページ | 前日の夢の続き(?)を見た »

ナンセンス」カテゴリの記事

夢・夢談義」カテゴリの記事

恋愛・心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/63518471

この記事へのトラックバック一覧です: 今朝見た、意味不明な夢:

« ジョイスにポール・W・ルイスにジュネに | トップページ | 前日の夢の続き(?)を見た »