« 悪夢の再現でなくてよかった | トップページ | アズールの空 »

2016/03/03

アルチンボルドという不可思議

 アルチンボルドという面白い画家が16世紀のイタリアにいた。

Giuseppe_arcimboldo__winter_1573

← アルチンボルド『冬』(1573)、ルーヴル美術館、パリ ジュゼッペ・アルチンボルド(Giuseppe Arcimboldo, 1527年 - 1593年)は、イタリア・ミラノ出身の画家。マニエリスムを代表する画家の1人とされる。(画像は、「ジュゼッペ・アルチンボルド - Wikipedia」より)

 マニエリスムを代表する画家の1人とされるが、そんな専門的な蘊蓄など、この際はいい。
 寄せ絵の数々など、時代を突き抜けた、才能あふれる画家だった。

 その作品は、どれも、絵画史の流れなどに関係なく、自らの関心に専心した成果と思える。

 日本でも、下に掲げた、19世紀の前半の歌川国芳の寄せ絵のような奇抜な絵はあるが、アルチンボルドの傑出ぶりは、ただただ凄い。

Arcimboldo_librarian_stokholm

→ 『司書』(1566)、Skokloster Castle、スウェーデン (画像は、「ジュゼッペ・アルチンボルド - Wikipedia」より)

 素人目には、精神の破綻を示しているのではと感じないではないが、専門家はそんな詮索は見当外れとみているようだ。むしろ、画家がとことん楽しんでいる、あるいはパトロンを楽しませている作品なのかもしれない。
 アルチンボルドの四季作品も面白いが、それより、ここに掲げた『司書』(1566)がすごい作品だと感じる。

20090310_447852_2

← 歌川国芳(1798ー1861)による「寄せ絵」 (画像は、「歌川国芳 - Wikipedia」より) 

 この作品こそ、時代を突き抜け、未来派をも あるいはいずれかの現代作家の画風を予感させる。

関連拙稿:
ピエト・モンドリアン(前篇)」(2008/01/09)
ピエト・モンドリアン(後篇:抽象性に宇宙を見る)」(2008/01/11)
ピエト・モンドリアン(承前)」(2008/01/10)
ヴォルス…彷徨う線刻の美」(2006/06/18)

|

« 悪夢の再現でなくてよかった | トップページ | アズールの空 »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

美術エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/63290703

この記事へのトラックバック一覧です: アルチンボルドという不可思議:

« 悪夢の再現でなくてよかった | トップページ | アズールの空 »