« 2015年2月15日 - 2015年2月21日 | トップページ | 2015年3月1日 - 2015年3月7日 »

2015/02/28

ユートピアの祈り

 アメーバの蠢き
 血糊の戯れ
 反吐の祈り
 人肉の舞
 地吹雪の中の祭り

B730sibcyaa45yk

← ユウの家の柴田龍平さん「60分を超える組曲」 文化庁のアールブリュット公募展で入選しました。とりあえず大津プリンスホテルにて2月6日から8日にお披露目です。 by 水野 浩世 (画像は、「文化庁のアールブリュット「創造のカタチ」展入選しました! ユウの家スタッフブログ」より)

 大気が垂直の断層を成している
 気圧がアコーディオンのように蛇腹を誇示している
 白い影と黒い影が地団駄踏んで歓んでいる

続きを読む "ユートピアの祈り"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/02/26

ミケランジェロの憂鬱

 自宅では、閻連科著の『愉楽』(谷川毅訳 河出書房新社)を読み始めた。日本では(あるいは世界のどこだろうと)、しかもそれが小説(虚構)だろうと、普通なら使うことの許されない表現(言葉)が数多く、飛び交う。

640pxmoses_san_pietro_in_vincoli

→ 『モーゼ』ローマ教皇ユリウス2世霊廟の彫刻(1513年 - 1515年頃) サン・ピエトロ・イン・ヴィンコリ(ローマ) (画像は、「ミケランジェロ・ブオナローティ - Wikipedia」より) この像を誰よりも深く読み解いたのは、『モーセと一神教』のジグムント・フロイトだろう。若い頃、何度か読み返したが、そのたび、賛嘆のため息が出たものだ。どんな推理小説より面白い…なんて書くと不謹慎だろうけど、実に面白いんだから、仕方ない。

 びっこ、めくら、つんぼ、おし…などは当たり前に出てくる。
 では、これは差別の物語なのか。さにあらず。むしろ、全く逆である。この小説によると、中国本国でも日本語で言う健常者が当たり前で、そうでない人間は差別されはじき出される傾向が強まっているという。

続きを読む "ミケランジェロの憂鬱"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/02/24

ハートのエースが出てきたよ!

 過日、ネッ友の緊急メッセージがあり、西田幾多郎の『善の研究』とヘーゲルの『大論理学』のテキスト(本)を求む、という。

4309206603_09_lzzzzzzz

← 閻連科著『愉楽』(谷川毅訳 河出書房新社) (画像は、「asahi.com:朝日新聞社の書評サイト」より) 「書評:愉楽 [著]閻連科 - いとうせいこう(作家・クリエーター) BOOK.asahi.com:朝日新聞社の書評サイト」や「愉楽 閻連科著 深い絶望こもる現代中国の寓話 :日本経済新聞」など参照。「閻連科。とんでもない腕力の作家である。もちろん創作が人間という大地を掘る力であり、想像という砲丸を限りなく遠くまで届かせる力のことだ。ユーモアが起こす笑い声の大きさ、あるいは泣き声が震わせる範囲の広大さ、共にケタ外れと言っていい」に尽きる ! ?

 ヘーゲルは、『小論理学』(岩波文庫)を使って、学部生時代、院生らと共に輪読していたことがあった。
 けれど、『大論理学』は一切、手つかずのまま。手元にテキストがあるはずもない。

続きを読む "ハートのエースが出てきたよ!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/02/23

ジョルジョ・ギージやエル・グレコのこと

 相変わらず、車中の楽しみは、ラジオに読書。そこに最近は、ユーチューブで視聴する懐かしの曲の数々。テレビでは滅多にオンエアーされることのなくなった往年の内外のヒット曲を存分に楽しんでいる。

Gcga_1964_19_4_1_2_2

→ ジョルジョ・ギージ Giorgio Ghisi, Italian, 1520-1582「Allegory of Life」(1561 UCLA, Grunwald Center for the Graphic Arts)  本書においては、「ラファエロの夢」と題されていた。(画像は、「Calisphere - A World of Digital Resources」より) 拙稿「ジョルジョ・ギージの沈鬱なる想像」参照のこと。

 東京在住の頃の車中の楽しみは、何といってもラジオだった。キー局も多数あり、選択の余地が多かった。何処かのチャンネルで好きなジャンルの音楽や好きなキャスターのラジオを選べた。
 それが富山では、選択の余地が乏しく、ラジオも助けにならない時間帯が多い。ちょっと悲しい。
 東京では流し一本だったので、読書は車を回送にし、何処かの公園の脇に車を止めて仮眠の前の睡眠導入剤風に。

続きを読む "ジョルジョ・ギージやエル・グレコのこと"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月15日 - 2015年2月21日 | トップページ | 2015年3月1日 - 2015年3月7日 »