« 2015年2月1日 - 2015年2月7日 | トップページ | 2015年2月15日 - 2015年2月21日 »

2015/02/13

久々のアビ・ヴァールブルク

 今日は、雪。八日の夜から降り出した雪は、翌九日の夕方までには50センチ以上もの積雪となった。
 先月の27日頃から引き始めた風邪は、九日の朝にはかなり軽快していたのだが、せっせと雪掻きしたせいで、また風邪をぶり返させてしまった。

Photo

← ヴァールブルク【著】『蛇儀礼』(三島 憲一【訳】 岩波文庫) 本書の内容説明によると、「ドイツの美術史家ヴァールブルク(一八六六‐一九二九)が見た世紀末アメリカの宗教儀礼。蛇は恐怖の源か、不死の象徴か。プエブロ=インディアンの仮面舞踊や蛇儀礼は、やがてギリシア・ローマやキリスト教の蛇のイメージと交錯し、文化における合理と非合理の闘争と共存を暗示する」だって。 (画像や情報は、「紀伊國屋書店ウェブストア」より)

 除雪作業中、冷たい空気を思いっきり吸い込んだせいで、喉をさらに気管支をも傷め、休みはさらに三日ほど伸びて、昨日、半月ぶりに出社し、仕事。

続きを読む "久々のアビ・ヴァールブルク"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/02/11

ベジャンの革命的理論「コンストラクタル法則」だって

 今日、二週間ぶりに銭湯へ。風邪を引いたため、銭湯入浴は断念してきた。
 この二週間でシャワーを三度ほど。
 今日も、直りかけで、入浴に体が持つか、心配で、お湯に浸かっていても、咳が出ないか、そもそもお湯に耐えられるか心配だった。

Photo

← エイドリアン・ベジャン、J・ペダー・ゼイン・著『流れとかたち―万物のデザインを決める新たな物理法則』(柴田 裕之【訳】/木村 繁男【解説】 紀伊国屋書店) (画像は、「紀伊國屋書店ウェブストア」より)

 幸い、なんとか、最後まで持ってくれた。咳も何度か出ただけ。
 垢すりで体を擦ってみたが、面白いように、というか、恐ろしいほどに垢が出る、出る!

続きを読む "ベジャンの革命的理論「コンストラクタル法則」だって"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/02/10

『醜の歴史』から『ピノキオの冒険』へ?

 先月の28日頃から風邪。以来、ずっと会社を休んでいる。一昨日辺り、そろそろ回復基調、回復途上かなと思った…のだが、そこへいきなりのドカ雪。

A851_2

→ カルロ・コルローディ原作『ピノキオの冒険』 (ロベルト・インノチェンティ絵 金原瑞人訳 西村書店) (画像は、「 医学・芸術書・絵本を出版する西村書店」より)

 我が家の庭は細長い。日陰。そこへ雪なので、除雪に追われ、案の定、風邪をこじらせてしまい、とうとう今日も休んでしまった。
 で、せっせと除雪で疲労困憊で、休んでの風邪の養生にはまるでならない!

続きを読む "『醜の歴史』から『ピノキオの冒険』へ?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/02/09

オレはロマンチスト

 雪が降ってきた。水の中だというのに。
 雪なんて大嫌いなのだ。だから、わざわざ凍て付く水中へと飛び込んできたというのに、雪の奴が追いかけてきやがった。

B9sbvlceaesxfp

← チャンプ(@takayuki419)さん作「構成主義が解体」 (画像は、「小林たかゆき お絵かきチャンピオン」より)

 雪は水を凍らせ、まるでガラスの海に変貌させてしまった。ゆらゆら揺れて、どんな世界へも移ろい彷徨えたのに、今じゃ、誰もがその場で立ち尽くしている。息さえできず、かといって苦しさのあまり喘ぐ…なんてことすら、叶わない。

続きを読む "オレはロマンチスト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/02/08

「恵方巻き」から「ひいわし」へ

 つい先日、節分とて、恵方巻きがテレビなどで話題になっていた。近所の店でも、恵方巻き商品のオンパレードだった。
 とうとう一本も食べずに今年も騒ぎは見送ったが。
 思うに、小生がガキの頃、少なくとも我が富山で節分の豆まきはともかく、恵方巻きを食べる習慣なんてあったっけ? である。
 小生の印象では、比較的近年、マスコミでの宣伝もあって、一気に全国区になったような。
 ところで、節分には、豆まきや恵方巻きもだが、鰯(いわし)を食べる習慣もあった、なんてのは全く知られていないようだ。

続きを読む "「恵方巻き」から「ひいわし」へ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年2月1日 - 2015年2月7日 | トップページ | 2015年2月15日 - 2015年2月21日 »