« 2015年1月25日 - 2015年1月31日 | トップページ | 2015年2月8日 - 2015年2月14日 »

2015/02/07

『21世紀の資本』から『醜の歴史』へ

 本書ウンベルト・エーコ編著の『醜の歴史』は、『美の歴史』に続く本。

Danse_macabre_by_michael_wolgemut

→ 「ミヒャエル・ヴォルゲムート 『死の舞踏』1493年、版画」 (画像は、「死の舞踏 (美術) - Wikipedia」より)

 後者は印象が薄いのだが、『醜の歴史』は、入手した当時、すぐにパラパラ捲ったのだが、一気に通読して済む本とは思えず、この2年、温存(?)してきた。本体だけでも8000円と高価な本だけど、思い切って手にしておかないと、あとで後悔すると、貧乏な小生が無理して確保したのだった。
 ピケティの『21世紀の資本』を読了し、一気に違う世界へ飛び込んでいく。

 

続きを読む "『21世紀の資本』から『醜の歴史』へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/02/06

旅の空にて

 ある旅の空でのこと。
 何故か眠れないままに宿を出た。
 部屋の明かりを消した時、窓のカーテンの隙間から洩れ込む月の光があまりに 眩かったのだ。何かただならぬ気配が漂っているような気さえした。

2006_1209061208tonai0031

 外に出ても何があるわけでもない。山間の宿らしく、鬱蒼と生い茂る木 々の黒い影。宿の玄関の明かりも、深い海の底を照らす懐中電灯ほどの力もない。
 砂利道を辿って森の中へ歩いて行った。もう、人の光は一切、及ばない。

続きを読む "旅の空にて"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/02/04

ベル・エポック…富の世襲社会のあだ花か

 小生は、昨年来、世界的にも(日本においても)話題の書である、トマ・ピケティ著の『21世紀の資本』(訳者:山形浩生/守岡桜/森本正史 みすず書房)を読んでいる最中である。

Vin_mariani_publicite156

→ 「ベル・エポックの精神を表現したポスター(1894年、ジュール・シェレ)」 (画像は、「ベル・エポック - Wikipedia」より)

 風邪で仕事を休んでいることもあって、大部なこの本を半ばまで読み進んできた。
 本書を読んで教えられたこと、知ったことは多々あるが、今日の話題であるベル・エポックもその一つ。

「ベル・エポック(Belle Époque 仏:良き時代)とは、厳密な定義ではないが、主に19世紀末から第一次世界大戦勃発(1914年)までのパリが繁栄した華やかな時代、及びその文化を回顧して用いられる言葉である」(「ベル・エポック - Wikipedia」より)という。
 実際、小生の持つイメージ(先入見)は、そういったものだった。その程度のものだった。

続きを読む "ベル・エポック…富の世襲社会のあだ花か"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/02/03

氷の町

 語ろうとすると、喉が痛くなる。顔が引きつってしまう。言葉が凍て付く。
 カチンカチンの言葉が体の中で行き場を失っている。もう、あちこちグルグルぶつかって、血の渦を巻き起こす。
 

2012_073

← 小林たかゆき作「2012_073」 (画像は、「小林たかゆき お絵かきチャンピオン」より)

 喋ることがこんなにも苦しいなら、ボクはもう何も望まない。望むと心が急いて、思わぬ言葉が口を衝いて飛び出そうとするんだもの。

続きを読む "氷の町"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/02/02

風邪を引いたら美術書頼み

 風邪(← 多分)を引いて、ダウン。喉が痛いし、特に気管支が痛む。熱は今のところ、出ていない。数日を経過して、咳もだが、鼻水が出てくるようになった。治る徴候ならいいのだが。
 というわけで、この数日、家に閉じ籠っている。組合の仕事だけ、仕方なくこなしている。

222ohkuma

← 大熊栄子「春暁」 (画像は、「02(zero-two)ギャラリー 第54回三軌展 平成14年5月号」より 下記の本で同氏の≪うつろう≫という作品に出会う。残念ながら、同じ作品はネットでは見つけられず、代わりにこの「春暁」を紹介。1923年、神奈川県生まれ。三軌会を中心に活動され来たようだ。この作品もいいが、同署に載っている作品を紹介したかった。

 読書の方は、本を手にするのも億劫なのだが、他にすることもないし、誰一人見舞いに来るわけでもないし、他にすることもないので、昨日からトマ・ピケティ著の『21世紀の資本』(訳者:山形浩生/守岡桜/森本正史 みすず書房)を読み始めている。

続きを読む "風邪を引いたら美術書頼み"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月25日 - 2015年1月31日 | トップページ | 2015年2月8日 - 2015年2月14日 »