« 2015年12月6日 - 2015年12月12日 | トップページ | 2015年12月20日 - 2015年12月26日 »

2015/12/18

ウルフ 著『ダロウェイ夫人』を読み始めた

 久しぶりに…といっても、数年ぶりだが、ヴァージニア・ウルフの本を読んでいる。『ダロウェイ夫人』である。
 小生は、自覚の上では、ウルフのファンではないのだが、なぜか折々、彼女の本を読みたくなる。

41kus3fhail__sx230_

← バージニア・ウルフ (著)『ダロウェイ夫人』(土屋政雄訳 光文社古典新訳文庫)

 既に数冊、読んできたし、中には、再読した本もある。
 読み始めたばかりだし、あれこれ書く余裕がないので、もう、15年も昔に書いたある知人との交換文からの転機(抜粋)で、今日はお茶を濁しておく。

続きを読む "ウルフ 著『ダロウェイ夫人』を読み始めた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/16

熱音響機関に興味津々

 過日、夕食時にテレビの電源をオンにしたら、偶然、「夢の扉+中井貴一▼捨てる熱を“音"に変えて発電! 『熱音響システム』」といった番組をヒットした。
 番組の途中からだったが、興味ある話題でチャンネルはそのまま。

31tutd33jwl__sx230_

← ミシェル・ウエルベック 著『服従』(大塚桃訳 河出書房新社)ウエルベックの本を読むのは、『素粒子』以来。今、シャルリー・エブドのテロ当日に発売されたこともあって、本書は話題の本らしい。ようやく、読み始めることができる。

 同番組の関連ツイッターを追ってみると

次回の「夢の扉+」は、家庭のガスレ)ンジや給湯器等で発生する熱。これらの廃熱をエネルギーとして再利用する画期的な装置❝熱音響エンジン❞の実用化!!若き研究者を追いました。

バーベキューのときに発生する熱で飲み物を冷やす“熱音響エンジン”。この不思議な装置で、廃熱から新たなエネルギーを作るという。実用化に向けて動き出した若き研究者!

続きを読む "熱音響機関に興味津々"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/12/14

奥田村における國重知事の住居について

 過日、ある調査依頼についての返答の文書を見る機会があった。

41gztweqqrl__sx324_bo1204203200_

← ジャック・ケルアック (著)『孤独な旅人』 (中上 哲夫 (翻訳) 河出文庫) 『オン・ザ・ロード』 (青山 南訳 河出文庫)に、特にその軽快な文体に感激し、本書を読んだ…のだけど、ちょっと違和感を覚えた。

 調査というのは、富山県の旧奥田村にあったという、富山県の初代知事(着任当時は県令)である国重正文の住居がどこにあるかという、旧奥田村居住者からの(?)調査依頼であり、返答では、富山県公文書館でも、「國重知事の住居が上新川郡奥田村(現、富山市奥田新町・城北町・永楽町など)の何処で建てられていたかについて調査したが、記録が無く分からなかった」という。

続きを読む "奥田村における國重知事の住居について"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月6日 - 2015年12月12日 | トップページ | 2015年12月20日 - 2015年12月26日 »