« 2015年1月18日 - 2015年1月24日 | トップページ | 2015年2月1日 - 2015年2月7日 »

2015/01/31

トマ・ピケティとアベノミクス

 近く、トマ・ピケティの『21世紀の資本』を読む予定でいる。
 でも、昨年来、日本でもマスコミをにぎわせているので、なんだか、もう、読んだような感覚が。先入観たっぷりで読むなんて、新鮮味がなくなるし、困るなー。

07876_big

← トマ・ピケティ著『21世紀の資本』(訳者:山形浩生/守岡桜/森本正史 みすず書房) (画像は、「21世紀の資本:みすず書房」より)

 とはいっても、話題の本だからこそ、遅まきながらでも、読みたいのである。
 明日には手を付けられるかな。

続きを読む "トマ・ピケティとアベノミクス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/01/30

ボクはダイオウイカだよ!

 怖いほどに透明な、蒼き闇。
 覗き込むと吸い込まれてしまう。否、目にした瞬間、もう、天も地も分からなくなる。上下など意味をなさなくなる。気が付くと、私はそれになっている。

B7dl8wecyaakc3i

→ チャンプwxp 作「蜘蛛の巣ザンヌ」 (画像は、「小林たかゆき お絵かきチャンピオン」より)

 それは、浮遊する粉塵より微細な粒子。水晶体にへばりつく網膜の切れっ端。血の涙さえ、疾うに吸い取られ尽くして、眼窩は深海の沈黙に耳を澄ます。

続きを読む "ボクはダイオウイカだよ!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/01/29

池澤夏樹版『古事記』を読む

 数年ぶりに『古事記』を読み始めた。
 池澤夏樹による新訳が出たので、やや好奇心っぽい動機で手を出した。

9784309728711

← 『古事記』(池澤 夏樹 訳 河出書房新社) (画像は、「古事記 池澤 夏樹|河出書房新社」より)

『古事記』は、これまで、次田真幸全訳注の岩波文庫版や、倉野憲司氏校注による『古事記』(岩波文庫)、三浦佑之訳などで読んできたが、本書は斬新というのがウリなので、ホントに画期的な訳なのか、確かめたいってのが、読み始めた動機。さて。

続きを読む "池澤夏樹版『古事記』を読む"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/01/27

「なぜにマルコ・ポーロは大旅行を果たせたのか」続編

 前回の日記の題名は、「なぜにマルコ・ポーロは大旅行を果たせたのか」だった。
 それは、モンゴル帝国のフビライの信頼を得たからだった。だからこそ、広大なモンゴル帝国の内外を特権を得て、見聞を広めることができわたわけだ。

640pxmarco_polo_il_milione_chapter_

← 「Il Milione」 (画像は、「東方見聞録 - Wikipedia」より) 『イル・ミリオーネ』は、写本の名前であり、マルコ・ポーロ存命中に発刊された(「マルコ・ポーロ - Wikipedia」参照)。

(ここには、有史以来最大の領土を有したモンゴル帝国の交通・通信網の稀有さに恵まれた、という大きな幸運なる事情があることは言うまでもない。)
 考えてみるまでもなく、当時にしても、少なくとも商人はマルコに負けず劣らず見聞を広めた人はいたはずである。

続きを読む "「なぜにマルコ・ポーロは大旅行を果たせたのか」続編"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/01/25

なぜにマルコ・ポーロは大旅行を果たせたのか

「『東方見聞録』は、マルコ・ポーロがアジア諸国で見聞した内容口述を、ルスティケロ・ダ・ピサが採録編纂した旅行記である『東方見聞録』は、マルコ・ポーロがアジア諸国で見聞した内容口述を、ルスティケロ・ダ・ピサが採録編纂した旅行記である」(「東方見聞録 - Wikipedia」より)というのは、言わずもがなのことだろう。

Fig1

→ マダガスカル島。中央の谷間には象が棲み、グリフォンが羊をくわえている。(説明は、本書より。画像は、「『マルコ・ポーロ 東方見聞録』moreinfo」より)

 黄金の国ジパングが世界に紹介されたなどとして、日本人なら誰しもが知っている書。
 コロンブスが携えていった書でもある。
 だけど、読む人は滅多にいない書でもある。

続きを読む "なぜにマルコ・ポーロは大旅行を果たせたのか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月18日 - 2015年1月24日 | トップページ | 2015年2月1日 - 2015年2月7日 »