« 2015年9月6日 - 2015年9月12日 | トップページ | 2015年9月20日 - 2015年9月26日 »

2015/09/19

「イブ仮説」が崩れつつある ! ?

 今日は、雨あがりの土曜日。やや久しぶりに庭仕事や畑など。
 組合の仕事が忙しいのを口実に、外仕事はなかなか手につかないでいる。

27095306_1

← 中橋 孝博 (著)『倭人への道 人骨の謎を追って』 (歴史文化ライブラリー 吉川弘文館) (画像は、「hontoネットストア」より)

 庭はもう、雑草などで悲惨な状態。
 そのうえ、もっと困ったことが。
 それは、我が家の庭先の一角を燃えるゴミ置き場として提供している。
 燃えるゴミだが、生ごみもOKである。

続きを読む "「イブ仮説」が崩れつつある ! ?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/09/17

サボテンの心

 バラバラになった心。ちぐはぐになっている心。

53669632_2176522917_40large

→ お絵かきチャンピオン作 「異能であればあるほど孤立していく、しかし」 (同氏のホームページ:「小林たかゆき お絵かきチャンピオン」)

 引き裂かれた心は、その破片に一つ一つが鋭利な匕首となって、あなたを、あなた自身を傷つけ、心臓を抉ろうとする。
 いや、違う。心は絵に描いた餅なのだ。見ることも、感じることもできるけど、触ることは許されない。

続きを読む "サボテンの心"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/09/15

ポラーニョから「日本列島人の歴史」へ

 ロベルト・ポラーニョ著の『2666』を本日、読了。

Nihonretto

← 斎藤 成也【著】『日本列島人の歴史』(岩波ジュニア新書) (画像は、「紀伊國屋書店BookWeb」より)

 いや、すごい小説だった。著者の遺著だが、生前に公表されていたら、ノーベル賞級の作品だと言える。
 あまりの大作に、全貌を一読で把握できたとはとても言えない。
 本書のあとがきにもあるように、再読の要あり。
 だが、容易には再読ができそうにない。

続きを読む "ポラーニョから「日本列島人の歴史」へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/09/13

これがボクの人生

 殺伐たる荒野が広がっている。
 見渡す限りの荒れ地。草茫々とさえも言えない。

2015_1641

 なぜなら、草も木も、枯れ果てて、樹液の一滴すら消え果ている。
 虫たちさえ、ほんの寸時も止まらないで、遠い彼方の見果てぬ夢を追っていく。

 なぜか、ドン・キホーテの旅の名残を連想する。ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャが、従者サンチョ・パンサを引きつれ遍歴の旅に出かける、あの物語である。

 だが、その物語が本当にあったのだとしても、もう遠い昔の話だ。遍歴の舞台であるスペインもオランダも、今じゃすっかり様変わりしている。誰一人、思い出す人はいない。

続きを読む "これがボクの人生"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月6日 - 2015年9月12日 | トップページ | 2015年9月20日 - 2015年9月26日 »