« 2015年6月7日 - 2015年6月13日 | トップページ | 2015年6月21日 - 2015年6月27日 »

2015/06/19

埒外のオレ

 見たくない、傍に寄って欲しくないってのは、分かるよ。醜いものは観たくない、傍には近づきたくないってのは、正直な気持ちだものね。

Photo

← ディケンズ【作】『大いなる遺産〈上〉』(石塚 裕子【訳】 岩波文庫) (画像は、「紀伊國屋書店ウェブストア」より) このところ、啓蒙書の類の読書が続いてきた。久しぶりに小説、それも、大作を読みたくなった。これまた久しぶりにディケンズ! せっかくなので、刊行されて間もない、初めて手にするこれ!

 試食コーナーとか、一定以上の金額のレシートを提示したら、チェックの上、粗品を提供するって場所の店員(明らかにバイト、あるいは新人)は、オレが近づくと、突然、その場を去る、あるいは声を潜める、そうでなかったら、オレにそっぽを向くようにして声を出す。

続きを読む "埒外のオレ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/06/17

市街地に小説の舞台を求めて

 今日、少々の時間が取れたので、「高志の国文学館」へ足を運んだ。
 仕事ではともかく、中に入るのは初めて。

Sscn7970

→ 神通川の土手(東側)から、夕景の対岸の呉羽山を遠望する。久世光彦氏の小説『早く昔になればいい』の舞台が山の坂道にあるとか……

 目的は、「ギャラリー展「妖怪がひそむ富山の民話」(5/20(水)~7/6(月))」である。
 無論、常設展で、富山県の文學者などの文化人先覚者を展望するのも、忘れない。
 目的をもう少し絞ると、小説を書くネタ乃至モチベーションとなる何かを求めて、となる。

続きを読む "市街地に小説の舞台を求めて"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/06/15

夕暮れ時はさびしそう…どころじゃなかった!

 今朝、キュウリを2本、収穫。一昨日、3本収穫し、浅漬けにしたが、もうなくなるところだったので、早速また浅漬けに。明日か明後日には食べごろになるだろう。

Night

← ロジャー・イーカーチ【著】『失われた夜の歴史』(樋口 幸子/片柳 佐智子/三宅 真砂子【訳】 インターシフト) (画像は、「紀伊國屋書店ウェブストア」より) 裁判資料などの文献資料がふんだんに踏まえられている。

 ナスのほうは、一昨日、3個収穫したのだが、今日は未だ生っていない。
 トマトのほうは、黄緑色の実がいっぱい生っている。植物の生長の速さに圧倒される。
 
 数日前から薬を日々飲む人間に変わってしまった。で、気がついたのは、飲み忘れの多いこと。

続きを読む "夕暮れ時はさびしそう…どころじゃなかった!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月7日 - 2015年6月13日 | トップページ | 2015年6月21日 - 2015年6月27日 »