« 2015年4月26日 - 2015年5月2日 | トップページ | 2015年5月10日 - 2015年5月16日 »

2015/05/09

ヴィルヘルム・ハンマースホイとリルケ

Hammershoi_sunlight

→ ヴィルヘルム・ハンマースホイ「陽光、あるいは陽光に舞う塵 (1900) (画像は、「ヴィルヘルム・ハンマースホイ - Wikipedia」より) 「宮殿などの建物や都市近郊の風景を題材にした風景画も制作しているが、ハンマースホイの描く風景には人物がほとんど登場しない」 ネット時代の恩恵。ネットサーフィンしている中で、いつだったか遭遇した。何か気になる。不思議な孤独感。シャイとも違う。人の内面と正面から向き合うのが怖いのかもしれない。でも、人からは離れられない…

 今日は、何も語らない。掲載した絵の数々を眺めてもらえればそれでいい。

続きを読む "ヴィルヘルム・ハンマースホイとリルケ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/05/07

IT is キラー・クラウン

 ピエロは嗤う。あなたを、世間を、世界を、そして自分を。
えっ、舌をペロッと出してるって? ベロが鏡に釘付けされているのさ、なんて言って信じる? あなた。

20071005181550

← ピエロ姿のジョン・ウェイン・ゲイシー 「ジョン・ウェイン・ゲイシー (John Wayne Gacy, 1942年3月17日 - 1994年5月10日)は、アメリカ合衆国生まれの連続殺人者」。(以下、コメントや画像は、「ジョン・ウェイン・ゲイシーまとめ【ゲイシーが描いた絵画】 - NAVER まとめ」より) 

 心は殴られ潰されてしまった。涙の河は行き場を失い眼窩へと流れ込む。
 サテンだったはずの衣裳は、まるで心と体を甚振るように、風と戯れる。風に舞う。

続きを読む "IT is キラー・クラウン"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/05/05

郷里の風景今昔

 晴天に恵まれた五月の連休も明日で終わり。十年ほど前、まだ父母が健在だ。ったころは、富山市ではこの連休中に田植えをするのが通例だった。
 我が家も例外ではない。高校を卒業して郷里を離れた小生だが、十五年ほど前から、正月と夏休み以外に、五月の連休も帰省し、田植えを手伝ったものだった。

Silent

→ アウグスト・ペイショット(Augusto Peixoto) 作「Silent Memories」 (画像は、「. T h e A r t O f D r e a m s .」より)

 今は富山は、稲の生育の向上を期して、田植えの時期を若干、遅らせている。だったら、小生は五月の帰省は考えられなかったかもしれない。
 我が家もとっくに稲作を放棄した。茶の間の窓から見える田圃も、あと一軒のみとなった。

続きを読む "郷里の風景今昔"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/03

イチョウから「公園の手品師」へ

 今日も天気に恵まれ、畑仕事。昨日までに植えた野菜の苗や、特にキュウイなどのための棚作りに精を出した。

B7dvgj5cmaav1ol

← David Parfitt作 「Wetland calm'」 (画像は、「David Parfitt RI」より) デイビット・パーフィットは、風景画家。特に水彩画に専心しているとか。ネットでたまたま見つけたアーティスト。

 あとは、昨日買った、ゴーヤやトウガラシ、トマトなどを畑の畝に植えるだけ。それが終わると、とりあえずは畑仕事は一段落。折々観て回って水を遣ったり、雑草を刈ったりという地道な作業が待っている。
 明日は久しぶりの雨のようで、朝の水遣り作業はしなくて済む。

続きを読む "イチョウから「公園の手品師」へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月26日 - 2015年5月2日 | トップページ | 2015年5月10日 - 2015年5月16日 »