« 2015年4月5日 - 2015年4月11日 | トップページ | 2015年4月19日 - 2015年4月25日 »

2015/04/18

ポピーから虞美人草へ

 今日は春らしい麗らかな日和。組合の雑用などで家事がかなりおろそかになっているので、空いた時間に少しでもと、庭の草むしりやら溝浚いなどを。

7362965_2149392145_234large

→  J次郎2(JJ2)撮影「ポピーのつぼみ」 同氏の作品については、「Picasa ウェブ アルバム - じじい47」など参照。

 一昨年、防草シートを庭中に張り巡らしたので、草むしりの労苦はかなり減っている。防草シートを張るなんて、庭作りには邪道なのかもしれないが、そうでもしないと、四月以降は九月の終りまで、晴天の日は毎日、草むしりに没頭するってことになってしまうのだ(実際、シートを張る前はそうだった)。

続きを読む "ポピーから虞美人草へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/04/16

体の異変を知らせる夢なのか

 昨日の風雨はどこへやら。今日は春麗らかな日和。ちょっと草むしりしただけで、体が火照って、部屋の中では脱ぎたくなる。これはこれで鬱陶しい。

53669632_2149212250_75large

←  お絵かきチャンピオン作「ひたすら除けろ」

 なかなか外仕事ができない。畑にナスやキュウリの苗を植えたいが、ネットで見る限り、行きつけのホームセンターには、まだ苗の販売の広告が載っていない。
 なので、つっかけを履いて庭を観て回ったら、木々に芽吹きが。

続きを読む "体の異変を知らせる夢なのか"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/04/15

茶褐色の筵

 桜並木。花々すっかり散って葉桜に。
 路上には花びらたちの織り成すピンク色の筏(いかだ)。
 行き交う人たちが、ただの通り道とばかりに踏みつけていく。
 やがて、可憐な淡きピンク色が褪せて、茶褐色の筵(むしろ)に。

続きを読む "茶褐色の筵"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/04/14

フランケンシュタイン・コンプレックス

 四月も中旬に入ったというのに、桜も葉桜に近づいてきたというのに、日中でも寒い。
 今日は終日の雨。氷雨というほどではないが、真昼間でも薄暗いためか、周囲の眺めが寒々しい気がする。
 やや体調が思わしくないこともあるのかもしれない。

9784334752163_2

→ メアリー・シェリー/著『フランケンシュタイン』(小林章夫/訳 古典新訳文庫) (画像は、「古典新訳文庫 光文社」より)

 さて、ようやく、シェリー著の『フランケンシュタイン』を読み始めた。
 この二月に「名著41「フランケンシュタイン」:100分 de 名著」の再放送が始まっていて、最初の放送時には見逃していただけに、全編を録画し、じっくりと視聴した。

続きを読む "フランケンシュタイン・コンプレックス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/04/12

ペリーと森鴎外と脚気

 寒い日々が続いている。灯油はもうあと一日分があるかどうか。そろそろ季節通りの暖かさがやってくることを期待して、灯油を買い足すのを控えている。サクラも昨日、見頃の時期が過ぎたようである。
 四月も半ばなのだ。暖かくなってほしいとひたすら願う日々である。

4044092133

← 『ペリー提督日本遠征記〈下〉』(M.C./ホークス,F.L.【編纂】 /宮崎 壽子【監訳】 角川ソフィア文庫) (画像は、「紀伊國屋書店ウェブストア」より)

 さて、『ペリー提督日本遠征記』を読んでいる。上下合わせて1200頁ほどの大部な本。だけど、実に面白い。いかにもアメリカ人らしい、自らを正義の担い手と思い、日本が開国することは、アメリカなど海外のためでもあり、日本のためであると、心底、ナイーブなほどに信じ込んでいる(日本人には鬱陶しい?)様子が分かって、興味津々である。

続きを読む "ペリーと森鴎外と脚気"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月5日 - 2015年4月11日 | トップページ | 2015年4月19日 - 2015年4月25日 »