« 2015年3月15日 - 2015年3月21日 | トップページ | 2015年3月29日 - 2015年4月4日 »

2015/03/28

せっかくなのでチュニジアのことを

 昨夜、サッカー日本代表のチュニジア代表との国際親善試合があった:「キリンチャレンジカップ:日本vs.チュニジア(会場:大分スポーツ公園総合競技場) サッカー 実況 スポーツナビ

Flag_of_tunisia_svg

→ チュニジアの国旗 (画像は、「チュニジア - Wikipedia」より)

 残念ながら仕事で、ほんの一部をワンセグで観ただけ。半分はラジオで。結果的に「ハリルホジッチ監督の初陣を勝利で飾った」ということで、まずは幸先のいいスタートを切った、と思いたい。

続きを読む "せっかくなのでチュニジアのことを"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/03/26

堀田 善衞『天上大風』から

 堀田 善衞 著の『天上大風 同時代評セレクション一九八六─一九九八 』(紅野 謙介 編集)を読んでいたら、『日本書紀』や『懐風藻』を皮切りに、日本の文學(や史書など広く学問や教養人の素養)には、長く、漢文に親しむ歴史があった。それが明治の途中、特に大正の後期くらいには、すっかり廃れてしまった、といった記述があった。

Kansi

← 森岡 ゆかり 著『文豪の漢文旅日記――鴎外の渡欧、漱石の房総 』(新典社選書 71) 「森鴎外のドイツへの船旅を綴った『航西日記』と、夏目漱石の房総旅行を綴った『木屑録』はともに漢文で書かれている」! 題材が興味深いけど、難しそうなので、小生は未読である。「漱石の漢詩は中国語で吟じられても美しい」とか。 (情報や画像は、「Amazon.co.jp 通販」より) 

 日本の文學の歴史を顧みるなら、漢文学の歴史を見ないと、幅の狭いものになる、などと。

続きを読む "堀田 善衞『天上大風』から"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/25

富山市を舞台の小説を夢見る

 この頃、新幹線富山駅開業ということで、お客さんとほんのひと時だが、お喋りする時間がある。
 無論、いろんな方とお喋りをする。富山(市)の方だと、新幹線が来る(通過する?)ということで、富山市は少しは賑わってきたのかが、どうしても関心事になる。
 開業は3月14日で、十日ほどになる。さて、一体、どうなのか。

53669632_2145037379_164large

→ 以下、いずれも、お絵かきチャンピオン さんの作品です。

 タクシーは観光客の方も乗せる機会があるのだが、残念ながら、増えているという印象は持たない。これは自分だけの印象ではないようである。他社も含めた同僚などに聞いても、芳しい応えは返ってこない。

続きを読む "富山市を舞台の小説を夢見る"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/03/23

我が家の庭にも春が来ている

 昨日は富山市は十数度。暖かだった。予報では翌日(つまり今日)は、雪降るかもなんて。
 信じられなかった。だが、さすにがつもりはしなかったものの、午後になって雪がチラついた。
 と思ったら、夜、外を見たら、うっすら雪化粧。ああ!
 またまた天気予報が正しかったのだ。灯油はもう残り少ない。

51802

← H・R・ハガード著『洞窟の女王』 (大久保康雄 訳 山本耀也 挿画など 創元推理文庫)  (画像は、「東京創元社」より)

 ジョン・ブロックマン著の『知のトップランナー149人の美しいセオリー 』(長谷川 眞理子【訳】 青土社)を読了した。科学には門外漢ながら、科学分野の啓蒙書を読むのは好き。数式は苦手。でも、好きなものは好きなのである。

続きを読む "我が家の庭にも春が来ている"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月15日 - 2015年3月21日 | トップページ | 2015年3月29日 - 2015年4月4日 »