« 安物買いの……でないことを祈る | トップページ | 『意識と脳』に続いて『ホンダジェット』へ »

2015/11/10

最後の一葉

 晩秋の風に葉っぱたちが揺れている。残り少ない、黄色や赤の葉っぱたちが、枝先にしがみついている。
 吹き飛ばされたら最後、命の絆が断ち切られる。懸命に、そう、必死になって。

53669632_2185231378_104large

→ お絵かきチャンピオン 作「吊られて」 (ホームページは、「小林たかゆき お絵かきチャンピオン」)

 でも、樹木の滋養は限られている。それより、滋養じゃなく、樹木の中の老廃物を葉っぱに吸い込んでもらって、風と共に消え去ってもらって、本体は身綺麗になって、冬の先の復活を忍び待つのだ。
 そう、お前はトカゲの尻尾、樹木の捨て石、捨て駒なのだ。

 だからといって、はいそうですか、とはいかない。捨て去られる物の身になってみれば、見苦しい、往生際が悪いと見下されようと、絆を信じていたいのだよ。

 ああ、みんながオレに消え去って欲しいと願っている。お前さえ、居なくなってくれたら、どんなにみんなすっきりするか、一刻も早く目の前の梁(うつばり)が取れてもらいたいものだと希っている。
 そうか、そんなにもオレは邪魔なのか。邪魔で邪魔でならなかったのか……

 オレは吊るされている。毛細血管にも似た、細い一本の葉脈が引き千切れそうになっている。オレの重み自体がオレの命を断つ枷なのだ。
 ああ、オレはいつ吊るされたのだ? 誰がよりによってこのオレを選んだのだ。他にだって候補はいっぱい、居ただろうに。

 えっ? オレが最後だって? ほかのみんなはとっくに風と共に去って、豊穣の大地を褥として、永遠の眠りを貪っているんだって? そうだったのか…そんなにもオレはしみったれた余計者だったのだな……
 ああ、でも、いやだ、いやだよ。オレはしがみついていたい。吊るされ処刑されてでも、永劫の晒し者と、嗤われ嘲られても、オレはしがみついている。

 未練がましくって、何が悪いのだ? 誰だって死にたくはないし、見捨てられたくはないはずだ。このオレも!
 
 ……そうだった。オレは、風に吹き飛ばされて、豊穣の地から、ついうっかり樹木と間違えて、杉の木の電柱にへばりついたのだった。ああ、恥ずかしくて誰にも言えない!

 せめて、風に飛ばされる葉っぱ、最後の一葉だと、思わせておいてくれたまえ!


|

« 安物買いの……でないことを祈る | トップページ | 『意識と脳』に続いて『ホンダジェット』へ »

ナンセンス」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

祈りのエッセイ」カテゴリの記事

駄洒落・戯文・駄文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/62653045

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の一葉:

« 安物買いの……でないことを祈る | トップページ | 『意識と脳』に続いて『ホンダジェット』へ »