« ゴミ置き場の解消 | トップページ | ゾラ『居酒屋』を読む »

2015/10/26

轆轤っ首の女

 茎ばかりがやたらと長い花が咲いていた。
 宵闇迫る中では、花の色は分からない。きっと、黄色だろうという感じはするのだけど。

2015_3353

 花の名前は何なのか。オニタビラコ? それとも、オオキンケイギクなのか。
 いや、そんな珍しい花なんかじゃなくて、タンポポなのかもしれない。
 ただ、やたらと茎が長い。思いっきり引き伸ばされてしまったような。
 あるいは、迫りくる我らが時、長く深い夜の触手に手招きされているのかもしれない。

 公然たる光の中では、杓子定規に振る舞うしかなかったのが、それこそ、あの音に合わせて踊る玩具の花・フラワーロック のように、自由を謳歌して舞い狂っているのかもしれない。
 見れば、得体のしれない花たちは、野原に放置された真っ青な壺から這い出ている。
 蒼穹の青、紺碧の青、群青の青の壺どもだ。
 いや、宵闇に青く染まっているだけで、ホントは、蒼白の壺なのかもしれない。

 そう、昔、誰かが「髑髏の色は「白」を意味する」といっていた、風雨や直射日光に晒され磨き抜かれた、あの目映すぎる骨壺のようでもある。
 中を覗くと、骨の欠けらが、無数の蛆のように犇めき蠢いてるに違いない。
 だから、あの禍々しい、轆轤っ首のような花ばかりが我が物顔に天に向かってどこまでも伸びていこうとするのに違いにない。

 お前は怖がっている……
 誰かが私にそう囁きかけた。
 怖がる? オレが? なぜ?
 ふーん、怖くないってんだな。じゃあ、瑠璃色の壺の中を覗き込んでみろよ。
 ふん、藍色の壺の何処が怖いってんだ。
 今にも漆黒の闇に呑み込まれそうじゃないか、早く覗いてみるんだ。

 私は、臆病者と思われたくないという、ただそれだけの理由で壺の中を覗くことにした。嗤う花たちが身を捩らせくねらせて私に絡みつこうとする。

2015_3274

 鏨のような茎に巻き付かれたなら、私の身は皮が食い破られ、骨の髄まで食い込まれ、早晩、ズタズタに引き千切られてしまうに違いない。
 でも、私には選択の余地がないのだった。生きる余地は、壺の中にしかないと感じていた。
 緑青の海を覗き込み、飛び込んでいく、そんな覚悟を決め、私はプルシャンブルーの闇を覗いてみた。

 そこに見えたのは、骨も身も奪われつくした、魂の抜け殻のような、蒼白なまでに高貴に光り輝くあのひとだった。
 ああ、そうだった。私が、あの日、嬲り殺した、あの人の、美しすぎる白骨が、私を呼び込もうと、実を粉にし、滋養となってまでも、咲き誇った花たちなのだった。


[文中に挿入した画像は、いずれも、「小林たかゆき お絵かきチャンピオン」に掲載されています。]

|

« ゴミ置き場の解消 | トップページ | ゾラ『居酒屋』を読む »

創作(オレもの)」カテゴリの記事

美術エッセイ」カテゴリの記事

駄洒落・戯文・駄文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/62554833

この記事へのトラックバック一覧です: 轆轤っ首の女:

« ゴミ置き場の解消 | トップページ | ゾラ『居酒屋』を読む »