« 今日のツイート発言から | トップページ | ボラーニョ 著の『2666』の世界の真っただ中 »

2015/09/07

青い花の女

 どこにでもあるような、青い花。
 どこへ行っても目にする、青い花。

2015_2326

 そう、お前がどう逃げ回っても、その青い花からだけは逃げられない。
 なぜなら、それはお前の脳裏に刻み込まれた花だからだ。

 お前の真っ青な脳髄には、青い花しか咲かない。
 影も青ければ、血の色も真っ青だ。
 お前には、情ってものがない。人に共感する情けがない。
 そう、お前は、本当に情けない奴なのだ。
 そんなお前には、青い花がお似合いなのさ。

 淋しすぎるって? 悲しすぎるって?
 ふん、何をいまさら。自業自得じゃないか!
 青い影がお前を取り囲んでいる。吹きすぎる風さえ、青い。
 日の光も青。涙の色も青。お前の愛情だって、非情の青だ。

 誰もお前のためには泣かない。

2015_1604

 透明な湖の水面を覗いてみろよ。そこにはどんな姿も映りはしないだろう。
 そう、お前はこの世にはいないのだ。
 いる、なんて想いたがっているのは、お前だけ。世界中の誰も、お前の姿など見ない。みんな素通りしていく。
 世界の中心で、泣き叫び、喚いてみても、誰にも聞こえやしない。

 お前が生まれた時、壁に埋めてしまった女はどうした。
 えっ、覚えていないって? 見たことがないって? 
 だからお前は酷薄な奴と思われてしまうんだ!
 見たじゃないか。すれ違ったじゃないか。お前の前を影のように、骨と筋だけの姿になって通り過ぎていったじゃないか。お前はまじまじと見詰めていた。いや、目を離すことができなかったのだ。
 なのに、お前は、見たことがない、逢ったことがないと嘯く。
 どうしたらお前は認めるのだ。あの子の血の涙をお前のその手で受け止めるのだ。

2014_1400

 青い花が咲いている。そう、あの白壁からひび割れ顔を覗かせ、お前を誘っているじゃないか。
 血も脂も、骨だって砕けて粉となって、壁に染み込んで、お前を埋めてしまおうとしている。
 もう、こうなったら、お前と女の骨と皮と筋と腱とが絡み合い、縺れ合い、いがみ合い、愛し合い、魂魄となるまで諍い続けるしかないのだよ。
 ああ、そうして初めてやっとお前は愛を知るのだろう。
 なんて、世話の焼ける奴なのだ、お前は。
 あのおんなの深情けを奥津城で知る、それがお前にお似合いなのだ、お前だって、分かっているはずだ、そうだろ?


(本文中に挿入した絵は、いずれも、「小林たかゆき お絵かきチャンピオン」より)

|

« 今日のツイート発言から | トップページ | ボラーニョ 著の『2666』の世界の真っただ中 »

創作(オレもの)」カテゴリの記事

恋愛・心と体」カテゴリの記事

祈りのエッセイ」カテゴリの記事

美術エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/62237743

この記事へのトラックバック一覧です: 青い花の女:

« 今日のツイート発言から | トップページ | ボラーニョ 著の『2666』の世界の真っただ中 »