« 文庫版「物質的恍惚」を入手したのは | トップページ | 青い花の女 »

2015/09/06

今日のツイート発言から

◎今朝、見た夢の登場人物がすごい。サルトルに鶴見俊輔など。なんだか、プラグマティズムの論議に関連して。確かに、高校から大学にかけて、パースやデューイ、ウィリアム・ジェームズ、ラッセルなどを読んだけど、もう、昔のことだよ。
41oltmutaol_sx357_bo1204203200_

← 「世界の名著〈第48〉パース,ジェイムズ,デューイ」 (1968年)  (画像は、「「世界の名著」一覧リスト | Philosophy Guides」より)
 

 高校時代、確か小生が高校入学前後の頃、中央公論社から「世界の名著」シリーズが刊行されだした。
 当初から、順々に入手していった、と思っていたけど、入学時には数巻は出ていたようだ。確か高校2年の頃に、「世界の名著48 パース/ジェイムズ/デューイ ◦パース」を読んだ。内容は以下:
 「論文集」(上山春平・山下正男訳)
 ジェイムズ「哲学の根本問題」(上山春平訳)
 デューイ「論理学」(魚津郁夫訳)

 ラッセルやフロイト、キルケゴール、デカルト、パスカル、ベルクソンなどなど、買い揃えていった。
 プラグマティズムには深入りすることはなく、その後、ジェイムズの「宗教的経験の諸相 上・下」 (桝田 啓三郎訳 岩波文庫 )を愛読するようになったっけ。
◎相変わらず、ポラーニョの「2666」を読んでいる。ようやく、半分を超えた。今は、「犯罪の部」。延々と続く、女性への暴力陵虐事件。実際、麻薬戦争の頃、数千人が殺された…迷宮入りしたんだよね。アメリカへの麻薬の供給源。アメリカの犠牲のようなものか。
 

ポラーニョの本については、拙稿「ボラーニョ 著『2666』と映画「ボーダータウン 報道されない殺人者」」にて、周辺のことなど特集している。
 とにかく、「犯罪の部」は殺伐たる叙述が淡々と続いていく。警察も腐っていて、事件の迷宮入りに(積極的に?)関与している。
 今のメキシコはどうなのだろう。

◎戦争法案。もう、聴く耳を持たない政権の連中。どうしても、世界中で戦争したいらしい。憲法を無視した政権にもはや正当性はないよ!
 
これについては論を待たない。
 万が一、戦争法案が今国会だろうが、60日ルール適用によってだろうが、成立したとしても、国民の不信感は高まったままだ。国民の応援のない中で自衛隊が海外で活躍できるだろうか。自衛隊員の士気は高まるだろうか。
 不思議なのは、国会議員のへなちょこどもはともかく、自民や公明の地方議員あるいは党の支持者らは、戦争法案に賛成なのか。良心が痛む良識ある人はいないのか。
 経済界の有識者は、戦争法案に賛成なのか。今の経団連の会長は、見識が高くないのは分かっているけれど。

◎新国立競技場のドタバタ劇、エンブレムを巡るお粗末。発端は、オリンピック招致の際に、アベ首相が、福島原発の事故はコントロールされている、なんて大見得を張ったことにある。嘘はいけないよ!
 
世界一厳しい規制だとうそぶく政権など論外だ。規制委員会だって、審査に合格したからって、原発が安全だとは一言も言わない。試験に通っただけの話。
 お役人の無責任体制は、15年戦争以来の根強い伝統になってしまった。

|

« 文庫版「物質的恍惚」を入手したのは | トップページ | 青い花の女 »

ツイッター」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/62231386

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のツイート発言から:

« 文庫版「物質的恍惚」を入手したのは | トップページ | 青い花の女 »