« 特別展「地球の結晶〜北川隆司鉱物コレクション~」へ | トップページ | 校正ミスはそのまま »

2015/08/12

パウル・クレー「忘れっぽい天使」

 純粋無雑なる時空に一本の線が生まれでた。
 まるでそう導かれることが宿命づけられているかのように、迷うことなく、ある曲線を描いていく。
 やがて現れ出てきたのは、紛うことなき天使。

36315525_2

← パウル・クレー「忘れっぽい天使」(1939) (画像は、「 名古屋市美術館 ミュージアムショップ」より) クレーについては、「【日本パウル・クレー協会】」など参照。拙稿に、「綱渡り師とオースターとクレーと(前篇) 」などがあります。

 外界の喧噪など知らぬ気に、ひたすら内面を見つめる。
 見つめている…のではなく、溢れ出てくる悦びを感じているだけなのかもしれない。

 優しげで、幸福感に満ちて、そばに寄ると、魂の温みにこちらまで暖められる。
 無垢なる魂であるがゆえの、幼子の笑み。

 あどけなさ。でも、この突き抜けた明るさはどうだ!
 老いも若きも、弱きも強きも、この無垢の魂の輝きには言葉を失う。
 単純の極みの美と喜びがここにある。

|

« 特別展「地球の結晶〜北川隆司鉱物コレクション~」へ | トップページ | 校正ミスはそのまま »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

祈りのエッセイ」カテゴリの記事

美術エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/62070272

この記事へのトラックバック一覧です: パウル・クレー「忘れっぽい天使」:

« 特別展「地球の結晶〜北川隆司鉱物コレクション~」へ | トップページ | 校正ミスはそのまま »