« シャボン玉飛ばそ | トップページ | 深井克美 あるいは 愚よ、愚よ、汝を如何せん »

2015/07/06

さららって何?

 最近、富山市の中心街を走る路面電車のラッピングCMが気になってならない。
【富山地方鉄道】 SANTRAMT101号車に「立山の水さらら」ラッピング|RMニュース|鉄道ホビダス」によると、「富山地方鉄道富山軌道線"SANTRAM(サントラム)"T100形T101号車の外装に、立山連峰を水源とするミネラルウオーター「立山の水さらら」ラッピングが施されている」のである。

Sararagraphic01

← 「立山の水 さらら」 (画像は、「ギャラリー 立山の水 さらら」より) パッケージは、水の波紋と氷の結晶をモチーフにしたデザインだとか。

 小生が最近、気になったのも無理はない。どうやら、六月のある時期からこのCM電車が走りだしたようである。
 電車のボディ全体で広告されているのは、「立山の水 さらら ミネラルウォーターより高い安全基準の富山の水」である。

 製品のコンセプトは、「ミネラルウォーターより高い安全基準の富山の水。伝統工芸八尾和紙の桂樹舎がラベルデザインを手がけた立山の水 さらら。富山の自然で育まれたおいしい水をおしゃれなラベルにパッケージしてお届けします」とのこと。

 さて、この商品の詳細については、リンク先で知っていただくとして、気になったのは、言葉としての「さらら」である。
「さらら」とは、何ぞや。名前? 形容詞か副詞の言葉の流用? 方言? 何かの詩か小説からの援用?

 古代史好きの小生が最初に思い浮かべたのは、持統天皇の諱(いみな)である、鸕野讚良(「うののさらら」、あるいは、「うののささら」)である。

 同時に思い浮かんだが、無理筋だなと思ったのは、中原中也のメルヘン(『在りし日の歌』より)という詩

秋の夜は、はるかの彼方に、
小石ばかりの、河原があって、
それに陽は、さらさらと
さらさらと射しているのでありました。

 他にも、ベッキーの3作目のシングルに、「さらら」があるし、元宝塚歌劇団月組男役スターに、「月舟さらら」がいるのだが、恐らくは関連性は薄いだろう。
 ただ、名前となると、女の子の名前には、流(さらら)とか、紗良(さらら)、沙良羅(さらら)と、数え上げたら、十個以上の候補が上がりそうである。

 どうやら、(小生の憶測だが)この中の、流(さらら)辺りが怪しいかもしれない。
 パッケージデザインとして、水の波紋もモチーフだというし、語感からしても、水がさらさらと流れる感じをイメージしやすい。

 尤も、今のところ、正解は分からない。あるいは、富山の方言に「さらら」があるのかもしれない。小生が知らないだけで。

20150623182700947923230f7224a9083ca

→ 「立山の水さらら」のラッピングされたセントラム。(画像は、「【富山地方鉄道】 SANTRAMT101号車に「立山の水さらら」ラッピング|RMニュース|鉄道ホビダス」より)

 さらにしつこく調べていたら、「さらら」の横文字表記として、「SALALA」が多く使われていることに気付いた。エステやホテルなどの名称が多いようだ。茶良ら (さらら SALALA)という料理店もあった。
 この「SALALA」は、外国語なのか、それとも、「さらら」を横文字表記したものなのか、今のところ、不明である。

 やはり、真相を確かめるには、一度、冷たく冷やした「立山の水 さらら」をゴクンと飲んで頭を冷やして、じっくり考えるしかないか。

|

« シャボン玉飛ばそ | トップページ | 深井克美 あるいは 愚よ、愚よ、汝を如何せん »

富山情報」カテゴリの記事

富山散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

駄洒落・戯文・駄文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/61847266

この記事へのトラックバック一覧です: さららって何?:

« シャボン玉飛ばそ | トップページ | 深井克美 あるいは 愚よ、愚よ、汝を如何せん »