« 埒外のオレ | トップページ | 富山県小矢部市のメルヘン建築群 »

2015/06/21

ピンクの裸婦

 刀身が浮かび上がる。闇を刺し貫くように。
 闇が凍て付き、刃となったのだ。研ぎ澄まされ、やせ細り、スカスカとなって、今じゃガラスの裸身を晒している。

53669632_2161892739_114large

→ お絵かきチャンピオン 作「おはーーーーーーーーーーーーーな」

 中には何もない。魂さえ、逃げ出そうとしている。
 ビーズ玉たちの乱舞。五弁花の花びらたちの涙のようだ。

 オレは淋しくてならなかった。色が欲しかった。闇だからって、色があって悪いわけがあろうか。
 色。その色は何処にある? 闇の中をまさぐっても、手の平にはザラザラした壁面が感じられるだけ。

 壁。オレは閃いた。そうだ、手の平を壁に押し付けるのだ。いや、擦り付けるのだ。いや、それだけじゃ足りない。鑢の壁面で手の肉をどこまでも摩り下ろすのだ。

 闇はオレに同情したのか、やがて刀身に血が滴るのが見えた。
 刃が火照り始めている。切っ先が肉付き始めている。

53669632_2161890770_148large

← お絵かきチャンピオン 作「ピンクの裸婦」 ホームページは、「小林たかゆき お絵かきチャンピオン

 気がつくと、闇の時空さえもがピンク色に染まってきていた。
 そうか、闇の血肉が刀身に降り注ぎ、こびり付き出していたのだ。

 刃は丸みを帯び、乳房さえ形を成し、浮かび上がってきたのは、ピンクの裸婦だった。そうか、オレが餓えていたのは、これだったのだ!

|

« 埒外のオレ | トップページ | 富山県小矢部市のメルヘン建築群 »

恋愛・心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

美術エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/61775699

この記事へのトラックバック一覧です: ピンクの裸婦:

« 埒外のオレ | トップページ | 富山県小矢部市のメルヘン建築群 »