« 散居村 あるいは 水田鏡の季節 | トップページ | 奇妙な停電騒動 »

2015/06/01

アガパンサスは愛の花

 乾いている。飢えているといってもいいほどに。
 ただ、何に餓えているのか、分からない。

_3057472

→ 草露 (画像は、「草露 日々是電脳写真」より)

 ひもじいわけじゃない。食べたいものを食べているわけじゃないけど、腹だけは満たすことができる。
 会いたい人に会えない…。そうなのかもしれない。
 でも、会いたい人が誰なのか、分からない。

 正体が見えない。闇の向こう。霞の彼方。
 会えないのは、生きることに怯えているからなのか。己の愚かしさに辟易しているから?
 何を今さら。飢えているなら、がつがつと食い意地が張るはずじゃないか。

 お前は何を恐れているのか。
 命。女の血。耐えきれぬ焔。
 あまりにこんがらがって、何が何だか分からずにいる。迷っている。何に迷っているのか、それすら分からずに。
 一滴の水。水滴。雫。乾ききって、ミイラの心のようだ。
 パサパサの皮膚。下手すると、一滴の雫がこの身に垂れただけで、一瞬にして体が砂漠の砂のように崩れ去ってしまうと予感しているのか。

09070814

← 小雨に濡れそぼつアガパンサス アガパンサスとは、「愛の花」という意味。(画像は、『梅雨空もアガパンサスの花の色』(2009/07/09)より)

 ああ、でも、お前が欲しいのだ。抱きしめたいのだ。血潮にしがみつきたいのだ。
 水盤の底のオレの顔。歪み切って、原形を留めなくなっている。自分でさえ自分を見失っている。
 そんなオレをどうやってお前に見つけられるというのか。

|

« 散居村 あるいは 水田鏡の季節 | トップページ | 奇妙な停電騒動 »

恋愛・心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

祈りのエッセイ」カテゴリの記事

コメント

孤独感にも、いろいろあって、
いろいろな孤独感をとり揃えれば、
にぎやかになったりしないかな、
などと馬鹿なことを画策しています!w

洗面器の中の自分を、
手ですくえば歪んでしまう、
なんの比喩かは分かりませんが、
気分には沿いますねぇ。

投稿: 青梗菜 | 2015/06/01 23:46

青梗菜さん

これは、昨夕、発作的に書いたもの。半ば、創作。
発作の症状は治まりました。
ネットの友が、次々に消えていきますね。
それもまた、淋しい。

投稿: やいっち | 2015/06/02 17:07

願いが叶わないという人がいます。
思い通りになったことなどないのだとか。
だってそうでしょう。
何が自分の願いなのかが、本人にもわからないのですから。
願いはシンプルなほうがいいです。
空腹を満たしたい。
誰かとしゃべりたい。
旅行に出かけたい。
ささやかな願いが叶えられれば、私は幸せですね。

投稿: 砂希 | 2015/06/02 20:36

砂希さん

願いが叶わないという、焦燥感。
何がホントの願いなのか、自分でも分からないもどかしさ。
何をどうやってもダメという悶々たる思い。
シンプルに生きたいですね。
なかなか自分には出来ないことだけど。

投稿: やいっち | 2015/06/02 22:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/61680483

この記事へのトラックバック一覧です: アガパンサスは愛の花:

« 散居村 あるいは 水田鏡の季節 | トップページ | 奇妙な停電騒動 »