« フランケンシュタイン・コンプレックス | トップページ | 体の異変を知らせる夢なのか »

2015/04/15

茶褐色の筵

 桜並木。花々すっかり散って葉桜に。
 路上には花びらたちの織り成すピンク色の筏(いかだ)。
 行き交う人たちが、ただの通り道とばかりに踏みつけていく。
 やがて、可憐な淡きピンク色が褪せて、茶褐色の筵(むしろ)に。

 風が吹けば、その絨毯も消え去って、元のうら寂しい道がそこにあるばかり。
 人は、そんな風景を眺めて、静かに佇む…こともなく、折悪しく降る雨に先を急ぐだけ。
 富山の市街地の夕暮れの一齣。

|

« フランケンシュタイン・コンプレックス | トップページ | 体の異変を知らせる夢なのか »

富山散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

駄洒落・戯文・駄文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/61447491

この記事へのトラックバック一覧です: 茶褐色の筵:

« フランケンシュタイン・コンプレックス | トップページ | 体の異変を知らせる夢なのか »