« SYNC再び | トップページ | ガラスの月影 »

2015/03/06

シリオ・ムッソをもっと知りたい

 昨日から、グスタフ・ルネ・ホッケ著の『迷宮としての世界―マニエリスム美術〈下〉』(岩波文庫)を読み始めた。

Blel_ncaaiwhap

← Ryuugokuさんによると、シリオ・ムッソによる「女を盗む者」。ホッケにより「アルチンボルド派」の画家として紹介されています。

 まだ30頁ほど読んだだけだが、いろんな<発見>があった。たとえば、シリオ・ムッソである。
 ネットで早速、関連する画像を探したが、見つかったのは、「女を盗む者」だけ。これはこれで面白い絵なのだが、一番、気に入った、「ドン・キホーテとドゥルネシア姫」なる画像が見つからなかった。残念。

7362965_2141450434_103large

→  J次郎2(JJ2)さん撮影 「jj2 作品一覧 あなたの感性を伝えるストックフォトサイト【TAGSTOCK(タグストック)】」など参照。写真撮影、命という方。折々、本ブログでも紹介させてもらっている。この写真も素敵!

 本書を明日からも車中で読み続けるはずだが、ちょっと事情があって中断。
 昨年の夏前から読み始めていた大西巨人の『親戚喜劇』。全五巻。今月12日に同氏の一周忌。それまでに、読了させたい。ということで、明日からは車中で同書の最終巻である、第五巻を読むことにする。

 自宅で読めばいいようなものだが、家では、スティーヴン・ストロガッツ著の『SYNC なぜ自然はシンクロしたがるのか』(蔵本 由紀【監修】/長尾 力【訳】 ハヤカワ文庫)を読んでいて、これはこれで自宅での楽しみにとっておきたいのだ。

53669632_2141440836_72large

←  お絵かきチャンピオンさん「ブ花」 若く、試行錯誤の真っ最中という感じがする。才能が溢れている。が、才能が先走っていて、自分でも制御が利かないでいるようにも感じられる。折々、凄味を感じさせる作品が現出する。だが、危うさも…

 それにしても、最近、ずっと体調が悪い。仕事の疲れが翌日に残らないよう、仕事は通常より早く夜半過ぎには切り上げ、二時前には帰宅している。

 昨年までは、未明までに就寝し、午前中に起き、昼食後、庭や畑でひと働きし、その後仮眠、ボチボチ本を読んでいるうちに夕方が来る、というのが通常だった。
 それが、昨年末から、早めに帰宅しても、日中は買い物に行くのがやっとで、外仕事をする気にまるでならない。

Photo

→ グスタフ・ルネ・ホッケ【著】『迷宮としての世界―マニエリスム美術〈下〉』(種村 季弘/矢川 澄子【訳】 岩波文庫) (画像は、「紀伊國屋書店ウェブストア」より)

 体が億劫で、ずっとリクライニングに体を埋めたままなのだ。体が心底、疲れ切っていて、動くのが実に辛い。
 何か異常があるに違いないのだが、病院に行く気がしない。同僚にも病院へ行くことを勧められているのだが。

|

« SYNC再び | トップページ | ガラスの月影 »

恋愛・心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

美術エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/61239589

この記事へのトラックバック一覧です: シリオ・ムッソをもっと知りたい:

« SYNC再び | トップページ | ガラスの月影 »