« せっかくなのでチュニジアのことを | トップページ | 富岩運河環水公園の光と影 »

2015/03/30

同僚が亡くなった

 昨日の朝、会社の同僚が亡くなっているのが発見された。
 その日は出勤の日なのに、出勤してこない。無断で休むような人ではないし、会社から電話しても応答がない。
 会社の担当者が、タクシードライバーの案内でその家に向かった。
 実は、同僚は、家庭内不和があって、家を出て一人アパート暮らしをしていた。なので、会社もアパートのほうの住所は分からず、彼の同僚のタクシードライバーがたまたま知っているということで、現地へ案内してもらったようである。

 アパートへ行ったが、同僚も部屋までは知らない。会社の担当者がアパートを観て回って、どうやらこの部屋らしいと見当は付いた。大家さんとは連絡がつかない。
 彼の同僚は、彼がいつも部屋の鍵は締めたことがないと聞いていた。なので、玄関のドアを叩いた上、ドアを開けてみると……。

                               (以下、別記)

|

« せっかくなのでチュニジアのことを | トップページ | 富岩運河環水公園の光と影 »

タクシーエッセイ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

社会一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/61362767

この記事へのトラックバック一覧です: 同僚が亡くなった:

« せっかくなのでチュニジアのことを | トップページ | 富岩運河環水公園の光と影 »