« 旅の空にて | トップページ | 「恵方巻き」から「ひいわし」へ »

2015/02/07

『21世紀の資本』から『醜の歴史』へ

 本書ウンベルト・エーコ編著の『醜の歴史』は、『美の歴史』に続く本。

Danse_macabre_by_michael_wolgemut

→ 「ミヒャエル・ヴォルゲムート 『死の舞踏』1493年、版画」 (画像は、「死の舞踏 (美術) - Wikipedia」より)

 後者は印象が薄いのだが、『醜の歴史』は、入手した当時、すぐにパラパラ捲ったのだが、一気に通読して済む本とは思えず、この2年、温存(?)してきた。本体だけでも8000円と高価な本だけど、思い切って手にしておかないと、あとで後悔すると、貧乏な小生が無理して確保したのだった。
 ピケティの『21世紀の資本』を読了し、一気に違う世界へ飛び込んでいく。

 

Dd1f8119

← 「死の凱旋」、1485年、クルゾーネ (画像は、「池上英洋の第弐研究室「死の凱旋」、1485年、クルゾーネ、オラトリオ・デイ・ディシプリーニ」より)

 本稿に掲げた図像は、本書で紹介されている「死の舞踏、あるいは、「死の凱旋」なるテーマの絵の数々など。死は中世の一時期、あまりに身近だったのだ。それにしても、思う。『美の歴史』が何故、印象が薄かったのか。あるいは、『醜の歴史』がエキセントリックに感じられるのか。醜の海(膿)に浮かぶ穢れなき(?)美の花だからこそ、週を深く広く嗅ぎ取り、それらをしっかりと背景に、土台にしないと、美の世界は堪能できないのだ。理の当然だったのだ。

 せっかくなので、「死の舞踏」(あるいは「死の凱旋」)について復習しておこう。

「死の舞踏は、死の恐怖を前に人々が半狂乱になって踊り続けるという14世紀のフランス詩が(14世紀のスペイン系ユダヤ人の説もある)起源とされており、一連の絵画、壁画、版画の共通のテーマとして死の普遍性があげられる。生前は王族、貴族、僧侶、農奴などの異なる身分に属しそれぞれの人生を生きていても、ある日訪れる死によって、身分や貧富の差なく、無に統合されてしまう、という死生観である」(「死の舞踏 (美術) - Wikipedia」より)という。

Stefan_lochner__martyrdom_of_the_ap

→ シュテファン・ロッホナー 「使徒たちの殉教」(15世紀、フランクフルト、シュテーデル美術館) (画像は、「categoryStefan Lochner - Wikimedia Commons」より)

「一連の「死の舞踏」絵画の背景には、ペスト(黒死病)のもたらした衝撃をあげる説が多い。1347年から1350年にかけてミラノやポーランドといった少数の地域を除くヨーロッパ全土で流行し、当時の3割の人口(地域によっては5割とも言われる)が罹患して命を落とした」とも言われる。
「当時は百年戦争の最中でもあり、戦役・ペストによる死者が後を絶たないため、葬儀や埋葬も追いつかず、いかなる祈祷も人々の心を慰めることはできなかった」とも。

 最後に、本書にて紹介されているボードレールの「パリ風景」の一節をここにも掲げたいが、ちょっと趣向を変えて、違う詩を一つ(言うまでもなく、「悪の華」からだ(「覚書_ボードレール全詩集1 訳・阿部良雄」からの転記である):

Shu

← ウンベルト・エーコ【編著】『醜の歴史』(川野 美也子【訳】 東洋書林) (画像は、「紀伊國屋書店ウェブストア」より)
 

   「破壊」

    絶え間なく、私のそばに、うごめくものは、<悪魔>。
    手ごたえのない空気のように、私のまわりを泳ぎまわる。
    私がそれを呑みこむと、肺臓を焼けただれさせ、
    永遠の罪深い欲望で満たすのが感じられる。

    時おり、<芸術>への私の大いなる愛を知るそいつは、
    世にもなまめかしい女の姿を借りて現れ、
    偽善者めく、もっともらしい口実を見つけては、
    私の唇を、破廉恥な媚薬に慣れさせる。

    こうして、息も絶え絶え、疲労困憊した私を、
    <悪魔>はつれ出す、神の視線から遠く、
    深く人影もない<倦怠>の平野のただ中へと。

    そして、狼狽し切った私の眼に、投げこむものは、
    穢された衣類やら、ひらいた傷口やら、
    はては、血まみれになった、<破壊>の道具立て!


|

« 旅の空にて | トップページ | 「恵方巻き」から「ひいわし」へ »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

美術エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/61100513

この記事へのトラックバック一覧です: 『21世紀の資本』から『醜の歴史』へ:

« 旅の空にて | トップページ | 「恵方巻き」から「ひいわし」へ »