« 風邪を引いたら美術書頼み | トップページ | ベル・エポック…富の世襲社会のあだ花か »

2015/02/03

氷の町

 語ろうとすると、喉が痛くなる。顔が引きつってしまう。言葉が凍て付く。
 カチンカチンの言葉が体の中で行き場を失っている。もう、あちこちグルグルぶつかって、血の渦を巻き起こす。
 

2012_073

← 小林たかゆき作「2012_073」 (画像は、「小林たかゆき お絵かきチャンピオン」より)

 喋ることがこんなにも苦しいなら、ボクはもう何も望まない。望むと心が急いて、思わぬ言葉が口を衝いて飛び出そうとするんだもの。

 でも、沈黙が怖い。ボクは臆病者なんだ。だから、部屋から飛び出して、氷の町に彷徨い出たんだった。
 誰かに会いたいよー。誰かと言葉を交わしたいよ。さよならの一言でいいんだから。

 蒼白の町に聞こえるのは吹き荒ぶ風の音だけ。
 ああ、言葉を交わしたいなんて、ホントは嘘っぱちなんだ。誰かの熱いからだが欲しいんだ。温もりが欲しいんだ。とっくの昔に忘れちまった感覚。人間の肌。血肉の匂い。汗と涙。

2012_071

→ 小林たかゆき作「2012_071」 (画像は、「小林たかゆき お絵かきチャンピオン」より)

 マグマ溜まりのようなあの部屋で、ボクは血汐を浴びるほどに呑んだ。溺れるほどに真っ赤な分厚い闇の海に飛び込んでいった。
 その挙句が、このざまだ。


|

« 風邪を引いたら美術書頼み | トップページ | ベル・エポック…富の世襲社会のあだ花か »

恋愛・心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

祈りのエッセイ」カテゴリの記事

美術エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/61080673

この記事へのトラックバック一覧です: 氷の町:

« 風邪を引いたら美術書頼み | トップページ | ベル・エポック…富の世襲社会のあだ花か »