« 2014年12月14日 - 2014年12月20日 | トップページ | 2014年12月28日 - 2015年1月3日 »

2014/12/26

無限の空間の永遠の沈黙

 雪のマークが出ていたけれど、今のところ、心配したほどは降っていない。特設の自家製消雪装置も、ありがたいことに、起動させずに済んでいる。

Sscn8233

→ 今日、近所の方がお花を届けてくれた。一つは玄関に、そしてもうワンセットは仏壇にと。そう、今日はお袋の月命日なのだ。覚えてくれている人がいる、なんてありがたいことだろう! 合掌!

 さて、唐突だが、パスカルの有名な言葉がある。
「この無限の空間の永遠の沈黙が、私を恐れさせる。」(『パンセ』より)
 あるいは、

続きを読む "無限の空間の永遠の沈黙"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/12/25

ピエロなんだもの

 夢が嗚咽のように噴出する。血と汗と涙のように、時も所も弁えず、ただ本能のように剥き出しに。
 ああ、しゃっくりのように止まらない発作。

Bmx28yeiyaaab9

← 林 俊作の作品「Sagrada Familia計画」(2014年4月29日) 第10回・アート部門奨励賞 ぜひ、拡大してご覧ください。

 真っ直ぐすぎて、魂をも射抜いてしまう衝動。
 目の前にぶら下がっている命。干し柿の真似をしているのか。それとも、いつの日かミイラになることを夢見ている?

続きを読む "ピエロなんだもの"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/23

電気の請求書を見るのが怖い

 毎年、雪の季節になると、除雪のことで頭がいっぱいで憂鬱になる。
 我が家の庭は、母屋だけじゃなく蔵、庭木などがあって、日中もずっと日陰。日の当たる場所は、それこそ木漏れ日程度。
 昨夜というか、今朝未明、四時過ぎに家に帰ったら、ショックだった。

 昨日は日中こそ、雪も降ったりしたが、案外と気温も高かったようで、段々、雨模様に変わっていった。路面の雪は余程、道の入り組んだ住宅街でない限り、ほぼ消え去っていて、車の走行(も人の往来)も楽だった。
 雨の降る中、いつもより二時間は遅めに帰宅したら…ショックだったのだ。

続きを読む "電気の請求書を見るのが怖い"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/12/21

私は見者(けんじゃ)だ!

 昨日(土曜日)は、忘年会シーズンということもあってか、夜半を回っても、富山の中心街は人で溢れていた(← 大袈裟)。

9784480096517

← 池上 英洋 著『官能美術史 ─ヌードが語る名画の謎 』(ちくま学芸文庫)

 普段なら真夜中の一時前後には仕事を切り上げるのに、三時近くになっても、会社から無線が入り、配車の指示。帰宅は四時になった。
 景気がいい? 忙しいのは週末だけ。これが週末以外にも忙しさが及べば、凄いと思うのだが、期待していいのかどうか、分からない。

続きを読む "私は見者(けんじゃ)だ!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年12月14日 - 2014年12月20日 | トップページ | 2014年12月28日 - 2015年1月3日 »